« 2011年11月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月28日 (金)

RS_Baseで血圧表示

Bp_2

本来は、画像のファイリングソフトとして動き始めたRS_Baseですが、血液、診療情報などのデータも取り込み、院内のほとんどのデータを網羅するソフトになりました。

その中で血圧ですが、血液画面に表示するには回数が多いので非表示として、患者画面上部にオプションとして表示可能になっています。

電子カルテの方が見やすい場合は電子カルテで、RS_Baseの方が見やすい場合は、RS_Bseに表示させる設定をする。 という柔軟な使用方法になります。

| | トラックバック (0)

2014年2月27日 (木)

家族表示

RS_Baseはファイリングソフトではありますが、住所あるいは電話番号にて家族を抽出し表示する機能があります。

 患者画面では、家族のリストと家族の直近受診間隔が表示されますが、さらにご家族の受診内容を見たい場合は、【家族】をクリックしていただくと、家族の診療内容の一覧が表示されます。

 受診表示回数は固定でしたが、昨日の改訂にて、端末ごとに表示する受診回数を指定出来るようにしました。

by 山下

RS_Base: http://www.rsbase.net/

| | トラックバック (0)

2014年2月26日 (水)

画面がごちゃごちゃしている

RS_Baseの患者画面は情報が多すぎて、画面がごちゃごちゃ見づらいというご意見は常なので、設定画面(基本情報)の 45.5番 及び、70番 にて、多数箇所の表示を非表示にすることが可能です。

 ただ最初の一ヶ月の間、すべて表示して使っていただくと、その後、非表示にしたいという希望はなくなります。 見えていたものが見えなくなるということは、画面のごちゃごちゃ度には変えられないものがあるようです。

by 山下

RS_Base: http://rsbase.net/rsn/public_html/total.cgi?999

| | トラックバック (0)

2014年2月25日 (火)

当日のDicom検査全表示

整形外科では、たくさんの部位のレントゲンを同日に撮ることが当たり前の様ですが、RS_Baseでは、検査ごとに画像がファイリングされ、クリックにて一つの検査だけが表示されるのが通常ですが、整形外科用に "本日D" というリンクを設けており、これは、直近の同日に行ったDicomレントゲン画像をすべて表示するもとなっています。

RS_Base: http://www.rsbase.net/

| | トラックバック (0)

2014年2月24日 (月)

QRCode

RS_Base で QRコードの作成が出来なかったのですが、どうも単純なセットアップミスで、必要なパーツのコピーを忘れているだけのようでした。

あまり、処方箋を出すわけでもありませんので、QRコードの出番はあまりないのではありますが、単回の血液データくらいであれば、QRにして スマホでみれそうではあります。

Qr_2

RS_Baseの画面: http://rsbase.net/rsn/public_html/total.cgi?999

| | トラックバック (0)

PostgreSQL 対応

RS_Baseも、2013年暮れに、データベースをPostgeSRL にも出来るように対応しました。

導入のしやすさは、今までのように テキストをデータベースにした方が簡単ですので、これからも、テキストの方がメインと思われますが、小規模病院など、使用方法がRS_Baseにとって少々ハードな施設では、PostgreSQLをご利用いただいた方がいいと思われます。

RS_Base:http://www.rsbase.net/

| | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2014年3月 »