« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月31日 (月)

Webブラウザによる違い

 いろいろなブラウザがあり、どの挙動にも特徴がありますが、以前から、RS_Baseの画像スライドショーは、IE以外では動作しませんでした。IEの使用を前提にしておりますのであまり気にしなかったのですが、iPadでRS_Baseを表示、なんて話が出てきておりますし、Android + ソニー(ブラウザは、Chrome)も出るようですので、一応スライドショーが他のブラウザでは動作しないことを確認せねばと思っておりました。

で、本日いろいろ確認し、javascript の
if (j<$kazu){j++;};
else{j=1;};
では、IEのみが正常動作しておりましたが、
if (j<$kazu){j++;}
else{j=1;};
と、セミコロンを削除すると、ほとんどのブラウザで動作するようになり,一安心でありました。尚、本年始め頃の、ブラウザのシェア-は下記の様です。

1 IE8 22.31%
2 IE6 20.07%
3 Firefox 3.5 17.10%
4 IE7 14.58% 
5 Firefox 3.0 5.29% 
6 Chrome 3.0 3.92% 
7 Safari 4.0 3.55% 
8 IE8互換モード 2.79% 
9 Opera 10.x 1.65% 
10 Chrome 4.0 0.75%
11 Firefox 3.6 1.07%
12 Firefox 2.0 0.79%
13 Opera 9.x 0.70%

| | トラックバック (0)

2010年5月30日 (日)

iPad と RS_Base

昨日、知り合いの先生に iPad を見せていただきました。iPadのsafari にキャッシュされているRS_Baseも見せていただき、綺麗に表示されておりました。ただ、血液のjava でのグラフは表示されないようです。もちろん、心電図やDicom のViewerは、windows様ですので、動作いたしません。

 iPad でRS_Baseが表示できるというメリットは、iPadがすぐに立ち上がるので、RS_Baseを見たいときにすぐに見れるということでありましょうか。

 話は変わりますが、昨日当院の屋上から、隣のビル(親戚)にプロジェクターに写真を投影して、供覧しました。 ちょっと思いついてやってみたのですが、なかなか爽快でありました。

| | トラックバック (0)

2010年5月27日 (木)

アップル、時価総額でマイクロソフト抜く 米2位に

アップルの時価総額が26日、終値ベースで2213億ドル(19兆9000億円)となり、業界首位だった米マイクロソフト(MS)の2193億ドル(19兆7000億円)を抜き、約25兆円の石油最大手エクソンモービルに次ぐ米2位に浮上した。

とのこと。ここでも、ITの世界がパソコンから、携帯電話にシフトしている部分大きいことが明らかな様です。

 本年末には、マイクロソフトも window Phone を出すようですので、巻き返しなりますか..。Google Androidもありますので、強敵揃いですね。

iPhone も売れているとはいえ、Flashは使えない、電池はユーザーが変更できない、パソコンからファイルを転送できない(外部ソフトを使用すればできなくはないようですが)。などあり、こんなクローズな環境を続けていると、その内にマイナーな存在になってしまう可能性があるのではないでしょうか?

私もiPhone ユーザーではありますが、iPhone 用のソフト依存度はゼロですので、他に端末があれば、いつでも引っ越し可能であります。

| | トラックバック (0)

2010年5月25日 (火)

薬の処方順

 RS_Baseに他のレセコン、電子カルテに読み込まれたものは、薬の処方の順番のデータは持っておらず、RS_Baseが薬名、飲み方でソートしてそれを表示させておりました。 レセコン、電子カルテとRS_Baseは粗な結合で、これに関しては仕方がないのでは、と思っておりましたが、カルテに書いた薬の順番と、ディスプレイ上に表示された順番が異なるという状態は、なかなかご納得いただけないようで、あちこちで要望が上がっていたようで(メーリングリストではあまりありませんでしたが)、本日、一応対応したつもり..。

 久々にあちこちプログラムを変更し、夜中までプログラムしてました。

 RS_Baseでデータを持つときには、何かといろいろソートして、重複チェックなどをしなければならず、元の順番を再現するのは難しいと思っておりましたが、一番最初に連番をつけておくことで、なんとかなった様です。

【5/5-5/6の大阪の写真】

Osakjo Usj Biriken Zoo Tutenkaku Kusikatu Takoyaki Ebisubasi

| | トラックバック (0)

2010年5月23日 (日)

IQ 1.3L 購入しました

昨日、往診用のトヨタIO 1.3L が届きました。ギアーチェンジのノブが貧相な感じがしますが、前2席は余裕の広さです。後部座席を使用するのは現実的ではなく、救急時用と考えています(助手席の後ろは乗れなくはないですが)。乗り心地は、かなりハードです。悪い道では、助手席は乗り物酔いに注意でしょう。ただ、普通の凹凸の少ない道では、快適といっていいでしょうか。パワーも十分であります。

 ひとつだけ懸念していたこと。そう、立体駐車場です。横に動くベルトに載せて駐車場に入れる立体駐車場ですが、タイヤ間の幅が短く、ベルトに載りませんので、入りませんといわれてしまいました。可能性は感じていたものの、実際にそうであったときは、逆に笑ってしまいました。

さて、現在、RS_Base ユーザーで、Dicom Server 共同購入の話が持ち上がっております。うまくいくかどうかわかりませんが、一人で買うよりは、安価になるのだろうと思っております。

Iq_2

| | トラックバック (0)

2010年5月19日 (水)

RS_Baseの紹介状の機能

1)検査名  画像2列表示
2)検査日  紹介状入力画面
3)ID    画像3列強制表示(画像が2個でも3列表示)
4)患者カナ 患者検査歴表示
5)患者漢字 gazou のデータを追加ファイリング
6)年齢   ファイリングホルダー表示
7) 性別   診断名記入画面表示
8)診断1,2  その診断名での検索、抽出
9)診断3   画像が4個ある場合は画像4列表示
10)診断4   紹介状内容の画面半分表示(画像が奇数の場合に使用)
11) 分離   紹介状内容、画像を分離表示・印刷

【紹介状の本文が長く、途中で改ページしたい場合】
画像がある場合は、上記 (11) での紹介状分離もできますが、単に本文が長い場合は、紹介状本文の途中で (p) を入力すれば、そこで紹介状が改ページします。

【紹介状への画像の添付】
まず、添付したい画像の検査の検査名をクリックして、画像のサムネイルリスト表示をさせます。 その画面で、紹介状に添付したい画像の下の  →gazou  の部分をクリックしますと、gazou ホルダーにその画像がコピーされます。
複数の画像を添付したい場合は、上記操作を繰り返します。

紹介状にその画像を取り込むには、登録されている紹介状の 患者名の部分をクリックすると gazou ホルダーから 紹介状に追加されます。

☆添付したい画像に描画などを追加したい場合は、上記、検査名をクリックして画像をサムネイル表示した画面の、当該画像の上の (Pixia) or (Pict) というリンクをクリックすると描画ソフトが開きますので、それで描画を追加後、保存してください。 保存後、サムネイルの画面を再表示すると、描画した画像も表示されますので、その画像の下の →gazou をクリックして、同様の操作で、紹介状に画像を追加してください。

【表示した紹介状の拡大表示】
表示した紹介状の グレイの傷病名ー家族歴のあたりをクリックすると記載した紹介状が拡大表示されますので、老眼で、記載した紹介状を確認するときに読みにくい場合は利用してください。

【紹介状の医師のスナップ写真】
紹介状の医師のスナップ写真は、クライアントの pubic_html\doctor.jpgを表示します。
複数のドクターの写真がある場合は、
pubic_html\doctor1.jpg
pubic_html\doctor2.jpg
pubic_html\doctor3.jpg
などの画像をおいておけば、紹介状の医師の写真をクリックすると、次の医師の画像へと変わって行きます。

尚、通常 pubic_html\doctor.jpg だけを置いておくと、紹介状の医師の写真をクリックすると医師の写真は消えますが、再表示させるのは紹介状最下部の Created by RS_Base をクリックすれば再表示されます。

【紹介先の封筒?印刷表示】
登録されている紹介状 * となっている、* のマークをクリックしますと紹介先が横表示されれ、更にここで表示された紹介先をクリックしますと縦表示にかわります。

尚、* をクリックした時に、c:\RSB_TEMP\output.csv に紹介先の情報が出力されますので、それを利用して、医療機関で封筒記入のフォームを作ることも可能です。

注)紹介先の住所は、基本情報 → 病院登録(ボタン) にて、住所などを登録しておく必要があります。

【紹介状本文中の文字く赤にしたい】
本文中の内容の一部を赤くしたい場合は 今朝9:30より、;;今まで経験のない突然の頭痛;;;があり、というように、;;  と ;;; で囲まれた文字は赤く表示されます。

| | トラックバック (0)

2010年5月18日 (火)

Medical-In HPの打ち合わせ

 RS_Baseの開発元? Medical-In のホームページがありませんでしたので、外注をする予定なのですが、本日その打ち合わせであります。ホームページくらい自分で作れるだろう。といわれるかもしれませんが、素人が作ったHPは見てすぐわかりますからね。

 一度作ればそれを改変するのは自分たちでもできますので、最初は外注が一番でしょうか。

 RS_BaseのHPもお願いする予定ではありますが、これはコンテンツの決定がなかなか難しいものがあります..。

 外注すると、どうもお任せ気分で、自分たちがなんにもしないので、なかなか話が進まなかったりします(^^;

| | トラックバック (0)

2010年5月17日 (月)

ユーロ安

2008年には、一ユーロが 169.93円までになりましたが、現在は、113円程度です。これがしばらく続くと、ユーロ圏からのブランド、車などは、安くなるのでしょうか? 単純に為替レートで行くと、かなり安くできそうですが..。

 私がこんな事を書くくらいですから、ギリシャ不安からのユーロ安(投機筋のユーロ売り)は、そろそろ終焉なのかもしれません。

さて、RS_Baseは特段変わりなし。しいていえば、想定外の使用にて、少々驚くことがところありますが、これも、ご利用いただく医療機関さまの数が増えたということで...。

| | トラックバック (0)

2010年5月14日 (金)

ゴルフと麻雀とパソコン

今日は、特段の事件もなく、以前親戚の会社の社内報に書いた内容を投稿(7-8年前くらい前の投稿と思います)

 谷越えだ。170ヤードはキャリーで、と思った瞬間、力が入ってしまう。次の瞬間、”あっ”という声と共にボールは必ず谷底へ。チーピンだ。練習場でボールを打つよりも、禅寺で修行でもした方がいいのではないかと思う瞬間である。

ところで、チーピン(麻雀用語)とはよく言ったものだ。サンピンと言いたくなるようなショットも私の場合しばしばあるが、これは流行りそうもない。だいたい、以前は麻雀人口だけ自称最強の雀師がいたものだったが、最近は麻雀をやる人がいない。いろいろ遊ぶ方法が増えたからだろうと思う。電子メールをやってた方が楽しいのかもしれない。

ゴルフも麻雀もその人の性格が如実にでる2大ゲームで、なかなか面白いものであるが、メールも同様に結構性格がでる。ただ、相手の顔を見ずに書くわけであるので、やはり自分を抑えて書くことも多い。
そういえば、メールのみでの知り合いに初めて会うという瞬間をなんどか経験した。ラブラブの文通ではないので、通常相手の顔をしらない。鋭い文章を書く先生の場合は、そのようなイメージをもってしまうが、待合場所にどう探してもそのような人が見当たらないということがある。人は見かけに..。

趣味は?と聞かれたときに、“パソコン”と答えていたころがあった。(暗いと思われそうでいいたくはなかったが、ついでに言えば、クラブはなにしてた?の質問には卓球と答えなえればならない。つらい。)。そのパソコンもいまや、趣味ではなく仕事で必要なものである。

一方、パソコンを通じて、多くの先生と知り合うことができた。年に数回しかやっていなかったゴルフも少し楽しくなってきたのも、そのおかげである。そういえば、25年前最初にパソコンを購入したときに作ったゲームがゴルフゲームである。神は初めから私にゴルフをやれと言っていたのかもしれない。いやいや、そんなことはなさそうだ。そうならば神は私に、あんなチーピン試練を与えるわけがない。

| | トラックバック (0)

2010年5月12日 (水)

Webと付き合って、15年

 パソコン通信で電話の音声カプラが使用されていたころは、私はそれに参加する気にはなれませんでしたが、その後モデムにて通信ができるようになり、ここぞとばかりにインターネットの世界にはまって行きました。当初は定額でなかったために、通信のための電話代が高く、スピードも遅く、良くやっていたなぁと思いましたが、それはそれで、楽しい思い出であります。その後ISDN定額になり、ADSLやCableTV の常時回線になり、最近では光、ということで、現在にいたっております。
 一方、ホームページも静的なページから、掲示板などの情報のアップできるものとなりました。この掲示板のプログラムによく利用されていた言語が、RS_Baseが使用しているperl5で、この言語は15年間ほとんど変わっておりません。
 その後、ブログ、SNS, java, javascript, ASP, PHP, Ajax, Web2.0, ブログ、twitter, などなど、webの世界は広がるばかりで、このトレンドはしばらく止まることはなさそうです。
 最近の私のお気に入りは、英語の単語訳がweb上ですぐに出ることで、これにて、CNNのHPのニュースも時々読む様になってきました。
 英文があったら、そのテキストファイルを、htmlの拡張子ファイルで保存し、web表示すれば、単語の訳が簡単に表示されますので、英文読むにかこれも一法かもしれませんね。

 Webブラウザで閲覧する、RS_Baseに取っても、webの機能が増えていくのは、頼もしい限りです。

| | トラックバック (0)

2010年5月11日 (火)

バージョンアップもなく...。

 このところ、バージョンアップをする事があまりなく、ある意味落ち着いています。で、なにかないかなぁ..と昨日考えたのが、機能の追加ではなく、RS_Baseの最大の弱点、今年のデータベース障害に関してであります。よく考えてみれば、たった一つのファイル障害だけなのです。
 一つのファイルを守ることをもう少し真剣に考えれば、なんとかなるのではないだろうかという思いが出てきました。でも、5分おきの自動バックアップ以上のアイデアが浮かばない状態ですが、もう少し耐障害性自体を真剣に考えてみようと思ったりしております。
 こういう時は、ネット検索で、いい方法がないかチェックですね。 ネットは何でも便利です。英語を読むのも、単語を選択してプロパティーで単語の意味が出ますから、英文はネット上のものを読むに限る???

| | トラックバック (0)

2010年5月10日 (月)

Diom: 共通規格は偉大ですね。

 レントゲンから始まった画像系の共通の通信、フォーマット規格のDicom ですが、RS_Baseへの画像のファイリングも、レントゲンのみならず、エコーも RS_Reviever を介した、Dicom通信が主流になっております。内視鏡の場合は、内視鏡のjpg のファイリングが先行していたためか、Dicomでのファイリングは現状ほとんどありません。
 これが大病院となりますと、なんでもかんでもDicomなわけでして、画像の保存とデータベースの一元化で、他に良い方法がなく、紹介状もスキャニングしてDicom化して、Dicom Server へ保存するわけで、文字通り、なんでもかんでも、であります。 最近はハードディスク(HD)の容量が大きくなりまして、かなり行けるのかも知れませんが、果たしてHDからどれくらいの期間のデータを参照できるのでしょうね?3年前の画像を瞬時に出せるのでしょうか?
 また、HDの容量を大きくすると、障害時の復旧 (RAIDのリビルドなど)に、とんでもなく時間がかかりそうで、診療所では、jpgで行けるものは、jpgで保存したような気もいたします
 ただ、このDicom Server というものがないと、病院では画像系の情報を一元管理することが難しかったであろう事を考えますと、Dicom プロジェクト?は正解の道を歩んでいるようであります。

| | トラックバック (0)

2010年5月 8日 (土)

映画ターミネーター

 映画、シュワルツネッガーのターミネータをご存じでしょうか? 人類の作ったコンピューターが、未来で氾濫を起こし、コンピューターが世界を征服するようになり、それを阻止するための人類との戦いがあり、人類側のリーダーの幼少期を襲うために、未来から現在にロボットを送り込んで来る、というストーリーだったと思います(なんか、ややこしい?)。

 その様なことも将来起らないとはかぎりませんが、一昨日の米国株価の、超短時間(分刻み)での暴落 & 急激な円高はこれを彷彿させました。 ことの始まりは、某米国大手の銀行のトレーダーばミリオンとビリオンを待ちがえて、売りオーダーを出したための様 (これの否定報道もあり事実かどうかは不明) ですが、その後の急激なアクションは、株売買のシステムトレード(コンピューターロボットによる自動トレード)により、株価が一定価格を下回ったために、一斉にロボットの株の空売りにスイッチが入り、一昨日のような急激な株価下落をもたらしたものと言われています。 この急激な下落を、ロボットの勝手な独走(実際は、独走ではなくプログラムどおり動いているわけですが、想定以上の出来事であり、ある意味暴走ともいえるかも?)と目に映り、私は、映画ターミネータを思い出してしまったわけです。
 ソフトは、通常はプログラム通りに動いているわけですが、その動作や影響は、プログラマーの想定を大きく超えてしまうことは、時としてあるのかも知れません。インベーダーベームの流行やインベーダーが最下段に来たときに、玉が当たらないというバグも戦略に使われた(名古屋打ち)などは、想定外の出来事でありましょうか。

| | トラックバック (0)

2010年5月 7日 (金)

臨床検査センターを変わるということ。

 RS_Baseでは、多くの臨床検査センターにご対応いただいていますので、検査センターを変わっても、そのままデータを読み込ませることができる場合がほとんどですが、その場合、検査名やコードが変わってしまいますので、一つの同じ検査が二つになり、RS_Baseではコード順に表示されるため、両社のコードの付け方によっては、順番が入り乱れていしまいそうです。
 よほどのことがない限り、臨床検査センターを変更することは、デメリットばかりとなりますので、それらをご理解の上でチャレンジしていただく必要がありそうです。

| | トラックバック (0)

2010年5月 4日 (火)

電子カルテ か、RS_Baseか

 先日の、神戸のRS_Baseの講演会(Dr中西)にて、”診療で電子カルテ8割で、RS_Base2割なのですが、RS_Baseの機能を使っていないのでしょうか?” というご質問がありましたが、実際はそれくらいのものではないでしょうか。

 本日、当院当番医ですが、初診、発熱、下痢などの新患患者さんがほとんどですので、問診、診察が殆どで、RS_Baseの出番は、限りなくゼロであります。日常診療でも慢性疾患の受診割合や診療科によって、RS_Baseの必要度はかなり異なると思われます。

 また、過去の処方内容や所見をRS_Baseで見るか、電子カルテで見るかによっても、使用頻度は異なりそうです。

 無理してRS_Baseを使用する事もなく、必要度に応じてご使用いただければと思います。

 私はと申しますと、血液データ、過去の画像系検査歴、処方内容はRS_Baseを主に参照しております。所見に関しては、その検索は、RS_Baseを使用しておりますが、過去2-3回の所見は電子カルテ(ダイナミクス)を参照しております。

 これで、どちらを何パーセント使用しているか、と思ったことはなく、私にとってやりやすい方法で診療を行っている、といった感じでしょうか。

| | トラックバック (0)

2010年5月 3日 (月)

石川遼選手 58点(-12アンダー)

 昨日は、石川遼選手が、一ラウンド58点(パー 70) にてラウンドしました。歴史を作る人は、違うもんですねぇ.....。 遼選手のお父さんが、”遼は平常心を忘れずにプレーすることが重要”、といったそうですが、その平常心とは常にバーディーをとる気持ちを持ち続けることが、遼選手の平常心とのこと。

 RS_Baseも少しずつ前進という平常心を持ち続けることができればいいのですが...。

58

| | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »