« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月31日 (水)

血液画面をきれいに印刷する

昨日のバージョンにて、IEでの、背景色を印刷する を設定した場合でもテーブル外の背景色は白くなりますので、かなりきれいな印刷が可能となります。ただ、各検査グループごとに背景色を指定し、(血LIST、背景色設定)、しかも色はパステルカラー系の色を指定するときれいに印刷されます。(原色にすると、けばけばしい)

 もう一つやっておいた方がいいことは、長い検査項目名ですが、これも、血LSIT、項目統一設定 の下部メニュー ”検査名を変更する(検査→検査、コード→検査)”にて、検査名を短くしておいた方がいいかと思います。

また、基本情報、(168)  血液データの単位を表示 も off にしていただいた方が、横のスペースが稼げるので、いいかと私は思っております。

| | トラックバック (0)

2010年3月30日 (火)

e-文章法

e-文章法

内容: 民間事業者等に対して法令で課せられている書面(紙)による保存等に代わり電磁的記録による保存等を行うことを容認する法律

 自院、他院の紹介状文章、読み込んだファイル(pdf, jpg等)など保存義務があるものをファイリングしておりますと、どうしても避けられない、真正性の問題でありますが、今後は、診療所でも、認証、タイムスタンプなどを取り入れて行く必要があるような気がいたします。

 現在、PFUさんなどが一ファイル10円程度でやってくれるようですが、日本医師会がもっと安くやってくれれば、ありがたいですね。

| | トラックバック (0)

2010年3月29日 (月)

RS_Base のホルダー構造

RS_Baseは perl5 という言語で動作しており、perlは RS_Baseの 5大ホルダー

apache :アパッチ Webサーバーソフト
Users :RS_Baseのプログラム本体
usr :Perl5のプログラム
gazou :RS_Baseで画像をファイリングする元ホルダー
c:\RSB_TEMP:RS_Baseで各種テンポラリーファイルを置くホルダー

の内、usr ホルダー 内にあります。

RS_Baseのcgiプログラムは、各クライアント上でプログラムが実行されます。クライアントで
http://localhost/~rsn/2000.cgi をWeb ブラウザ(IE)で立ち上げますと、perl言語で書かれた、2000.cgi が実行されます。

 2000.cgi プログラムの仕事は、サーバーのデータベースにアクセスし、その内容からクライアントの IEに表示する内容を作る事です。

 この時、文字情報はサーバーで apache が立ち上がっていなくても、問題なく表示されますが、画像に関しては、サーバーのwebサーバー機能を利用していますので、サーバーで apache が立ち上がっていないと Xマークになり、画像が表示されません。

-------------------------------------

Perlに関して、ウィキペディアより抜粋

登場時期 1987年
最新リリース 5.10.1 / 2009年8月23日
影響を与えた言語 PHP, Ruby
Perl(パール、Practical Extraction and Report Language)はラリー・ウォール氏によって作られたプログラミング言語である。Perl言語は、記述の美しさよりも実用性をモットーにしている。

 Webページの掲示板やチャットなどのCGIやシステム管理、テキスト処理などのプログラムを書くのに広く用いられており、UNIXやWindowsなどの多種のプラットフォームの上で動作する。Perl 5は、C言語によって書かれており、非常に安定している。

 実行はランタイムコンパイル形式を取っている。スクリプトは実行前に仮想機械向けにコンパイルされ、コンパイルされたバイトコードが実行される。

 この一旦生成したバイトコードを保存して再利用することは少ない。これは現在のPerlのランタイムコンパイルが高速で、バイトコードから実行するメリットが少ないことが理由の一つである。

| | トラックバック (0)

2010年3月26日 (金)

端末ごとのRS_Base設定

 RS_Baseは、初期画面でたくさんのデータを拾って来ますので、なにかと表示に時間がかかります。特に今までのデータが多い患者さんではそのようになりますが、当院では、多くのオプションを表示させているのは、診察巣津端末くらいで、他の端末はスピード重視となっております。

 スピード重視で重要なものは、

(153)  患者検査歴の下に血液データを表示 を off

(70)  薬歴データ等Side表示  off

(253) 時計・カレンダの表示  空欄

[画TP] のホルダー(public_html\board\gif14) 内の画像を削除

おそらく、表示に必要な時間は、半分程度になるのでは...。

| | トラックバック (0)

2010年3月24日 (水)

電子化の被害者

 昨日知り合いが胸部打撲にて、肋骨骨折があったので、親戚の整形外科を受診していただきました。当院で撮影した胸部レントゲンを持参して、”バストバンドで3週間くらいで大丈夫でしょう”と言われたのですが、その後、”昨日転倒して、胸部を打撲して....." と再度問診を聞きながら、2本指で、カタコトとキーボードを打ちながら、”最近はこんな事をさせられているんですよ”と言われていたそうです。

 息子さんが帰ってきたから、電子カルテになって、そのお父さんはキーボード入力の被害者になっているようです。

| | トラックバック (0)

2010年3月23日 (火)

ディスプレイのサイズ

 ディスプレイのサイズは、12年前の開業当初の14-15インチ(1024*768)から、19インチ(1280*1024)、21インチ(1600*1200)、30インチ(2560*1600)と徐々に大きくなっていったものの、その分解像度も高くなって、結局ディスプレイに表示される文字のサイズは、小さくなって行っているように思います。

 もちろん、windowsのフォントサイズを110%などとするわけですが、それでも、以前に比べれば小さい。それと相まって老眼が始まり、ディスプレイでの診療もそろそろめがねを必要とする状況になりつつあり(紙カルテでは、5年前からめがねが必須であり)、年齢を感じる今日この頃です(視力自体は1.5-2.0なのですが)。

 それは、さておき、胸部写真の閲覧時のディスプレイですが、前回との比較は、マウスホイールにて胸部写真の表示を切り替えてみると、その違いがよくわかったりするわけですが、一方で、30インチに2列に並べた方が比較しやすい場合も多く、ここでも胸部写真2枚を表示してそのまま閲覧可能な30インチディスプレイ(あるいは21インチディスプレイ*2)が有用な様です。

| | トラックバック (0)

2010年3月19日 (金)

山梨県、慢性疾患支援システム

本日、山梨県、慢性疾患支援システム http://www.manseisien.jp/ 用のデータ出力に対応いたしました。 と、行っても、RS_Baseが手始めなので、出力するコードなどはすべて私が、割り振らせていただいたのですが...。

 これは、RS_Baseの機能にはあまり関係ないようにも思いますが、このシステムに出力するために検査名、コードをそろえるということを行いましたので、RS_Baseユーザーが、臨床検査センターの検査名、コードをを超えて、データを共有できる可能性も、なくはないのかも知れません?!?!?!

| | トラックバック (0)

2010年3月17日 (水)

よくある質問

1   RS_BaseがVISTA、Windows7のCドライブにインストール出来ない      
2   バージョンUPの方法が解らない      
3   バージョンUPのURLを開こうとするとID、PWを聞かれる      
4   RS_Baseを外付HD、NASにインストールしてもいいのか      
5   RS_Baseを使用するにはインターネットに接続しなければいけないのか      
6   RS_Baseで画像を登録したが、表示されない      
7   RS_Baseを起動すると「スクリプトによる貼り付け処理の許可」のメッセージがでる      
8   RS_Baseが起動せずIntenal Server Error とでる。      
9   RS_Baseを起動すると「xx月になりました。バックアップが待避されました」と出ていつもの画面にならない      
10   画像を開こうとすると赤い×マークが出る。      
11   RS_Baseを起動すると、「RS_Baseの設定がおかしいか・・・」と出てしまう。      
12   画像のファイリングをしたが2件ファイリングされてしまい、1件不要なので削除したい      
13   複数枚の画像のうち1件のみ消したい      
14   IDを間違えて登録してしまったので変更したい      
15   血液データのIDを間違えて登録してしまったので変更したい。      
16   院内の血液データの登録方法が解らない      
17   RS_Baseを起動すると「Perl Inte・・」のようなメッセージが出て動作しなくなる。      
18   CRを導入予定だが、RS_Baseへどのようにファイリングするのか解らない      
19   昨日まで動作していたが今朝起動するとRS_Baseが表示されなくなった。      
20   パソコンを1台追加したが、RS_Baseをどのように設定したらいいのか      
21   血液画面を表示しようとクリックするが画面に表示されない(タスクバーには該当患者さんんがある)      
22   血液画面を表示しようとクリックするが画面に表示されない(タスクバーにも何もない)      
23   MLの登録アドレスを変更したいがどのようにしたらいいのか。      
24   MLに投稿したが配信されない。      
25   管理費用を振り込んだかどうか確認したい。      
26   RS_Baseのバックアップをどのようにしたらよいのか      
27   画像を90度回転させたい。      
28   RS_Baseを効率よく患者管理に使用したいが、どのようにしたらいいのか      
29   どこかにマニュアル(書物)はないのか。      
30   インストールの方法がわからない      
31   RS_Baseを起動すると「xxxxが画像保存ホルダーにあります。」とでる。これは何か      
32   RS_BaseのMLは自分には高度すぎてついていけない。みていない      
33   紹介状の画像の貼り付け方法が解らない      
34   画像を印刷すると1枚で収まらないのでどうすればよいのか      
35   院外からの画像データをRS_Baseに入れたい      
36   患者の登録方法が解らない。削除・変更もどうするのか      
37   患者の登録があるのにRS_Baseの画面では未登録と出る。      
38   検査名の追加はどのようにするのか      
39   検査名が選べないので(プルダウンにない)どうすればいいのか      
40   いつもの画面と変わってしまっている→閲覧専用など      
41   患者さんの名前が○になっている      
42   Side-Showの病名を消したい      
43   ダイナとの連携とあるが、どのように設定するのか。      
44   RS_Receiverについて教えて欲しい      
45   CRを導入しRS_Baseへファイリングしたが、検査名が英字になる      
46   心電図ファイルが異常ですと出る。      
47   MLのメールが受信出来なくなった      
48   今まで自分で設定を行ってきたが本当にこれでいいのか、効率的なのか解らない      
49   ApolloViewでストリームエラーと出てしまう      
50   RS_Commを利用しようと思うが、どうしたらいいのか      
51   血液データをグラフ表示すると×になってしまう。      
52   血液データを印刷するとはみ出す(横)      
53   血液データを印刷すると2枚になってしまう      
54   1患者で数件の血液検査があると画面に表示されなくなってしまう。      
55   体重を毎回手入力していると、みたい血液検査がみえなくなる(みずらくなる)      
56   同一の検査なのに、血液データが2重(2行)に表示されてしまう。      
57   院内での血液検査のデータを修正したい。      
58   説明画像に自院のデータを入れたい      
59   様々な案内文章などをRS_Baseで管理することは可能か      
60   RS_Baseを自宅でも見たいがどのようにすればいいのか。      
61   患者さんの検査データを渡す(CDにコピー)のはどのようにするのか      
62   所見やサマリを書込は出来るのか。      
63   RS_Baseから処方入力は出来ないのか      
64   SNAPを撮った患者さんのIDを間違えてしまった。変更したい      
65   過去の画像と比較はどのようにするのか      
66   エコー、内視鏡、心電図等のファイリング方法が解らない      
67   RS_Baseのパソコンをインターネットに接続したい      
68   院内検査の登録が30件しかできない      
69   説明画像の登録をしたが表示されない   

| | トラックバック (0)

2010年3月16日 (火)

情報携帯端末

 何かと、医療情報を暗号化して携帯端末にデータとして持ちたいという話が出ますが、暗号化のレベルかどうなのか、なかなか難しいところであります。iPhone3GS の暗号化も危ないという話もありますし、ファイルの保存媒体としては何かとPCとの連携が悪い..。

 それこそ、マイクロソフトの時期携帯OS Windows Phone 7 に期待がかかるところでありますが、下記URLでも評判がいいようです。(今度のマイクロソフトは手強よそうだ)http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/mobile/20100316_354970.html

 話は変わりまして、先日、広末涼子さん主演の”バブルへGo”のDVDを買ってみました。1990年。それはまだポケベルの世界だったのですね(そういえば、私もポケベルでしたっけ...)。日本のパソコンは、依然NEC98シリーズ全盛の時代。

 さて、これから20年後、2030年はどうなっていますでしょうか。32Bitシステムの時間がスケールアウトするのが2038年ですが、それなどは、全く関係ないレベルにIT環境は変わっているのでしょうね。

| | トラックバック (0)

2010年3月15日 (月)

内視鏡のCFが壊れた..。

 本日の内視鏡にて、CFが壊れました。内視鏡jpg画像が保存されているホルダーがPCでは、”壊れています” となって、開けません。ただ、不思議なことに内視鏡側では、保存が継続できるといった状態で、内視鏡のCFを管理するシステムソフトがおかしいのか、CF自体が壊れかけているのか微妙なところであります。 これで、壊れるのは2回目ですが、前回同様クイックフォーマット後、ファイル復活にてすべての画像は復活可能でした。

 まずは、原因を一つづつつぶしていくのがいいだろうと思いますので、CFを買換える(容量が少ない方が壊れる確率が少ない?)ことにしようかと思います。

 ちなみに、フジの経鼻内視鏡(EG-530N)。観察中はいいのですが、フリーズすると画像がやや荒くなり、デジタル調になります。(最近のものは改善しているかもですが)、撮影も遠景はやや暗くなりますので、やや近めで撮影した方がいいですね。それと、細径の内視鏡は胃液の吸引に時間がかかりますね。患者さんは通常の内視鏡より楽ではありますが。

012

| | トラックバック (0)

2010年3月11日 (木)

今年のバージョンアップ

1) ダブルクリックメニュー & 受診患者表示
2) あいうえお検索
3) データ持ち出し用の、患者検索用 aiueo.html
4) RSB診療、所見3列、当院検診の画像をonmouse にて拡大
5) 過活動膀胱症状質問表(OABSS)を追加
6) 喘息の問診 ACT_RS を追加しました。
7) レセ のリンクを追加 (一ヶ月の受診患者さんの診療内容を見るモード)
8) 定期薬指定を追加
9) IE8 で JPG表示が遅い問題:は、IE8の設定で、なんとか改善
  IE8インターネットオプション の 詳細設定タブの"Webページのボタンとコントロールで視覚スタイルを有効にする"のチェックをはずす。
10) 患者画面の血液表示にオプションon_show on_hidden などを追加しました

| | トラックバック (0)

2010年3月10日 (水)

あいうえお患者リスト

 本日は、あいうえお~わん のテーブルパネルにて、受診者のリストを表示表示する機能のご希望があり作成いたしました。今までであれば、パネルのクリックにてリロードして再表示、という手法となりましたが、今回は、リロードせずに、表示されるリストがjavascriptにて変わるようにいたしました。

 ちょっとした、ノウハウを知ると、何かを作る時に選択の幅が広がりますので、よいですね。

 そういえば、本日は久しぶりに顕微鏡での尿沈渣の写真をデジカメ撮影しました。方法は、デジカメを接眼レンズに押し当てるだけですが、今持っているデジカメより、昔のデジカメの方が、顕微鏡との相性がよかったようで、撮れた写真は一部をカットしてファイリングとなりました。

 001

| | トラックバック (0)

2010年3月 9日 (火)

本日は、みぞれ

 昨日の非同期通信は、RS_Baseでは、どこで利用できるのだろうと考えておりますが、RS_Baseでリロードなしで情報が変わって欲しいというシーンはそれほど多くないようです。 それよりも、最近の私のjavascriptへの興味自体が、RS_Baseになにがしかのメリットを今後ももたらしてくれればと思っております。

 今日は、特段話題もありませんが、本日は広島にて予想外の雪~みぞれ、であります。2月に購入したばかりの マークX にもわずかながら、みぞれが膜状につもったのがわかりますでしょうか?

Markx_2

ところで、この画像をクリックすると、画像が画面内で拡大表示される本ブログのjavascript ですが、RS_Baseでも利用できるのでは? と考えるのですが、内視鏡、エコーなど画像が多いですので、画像をクリックして大きくし、再度閉じるのは、以外に便利でない様です。

| | トラックバック (0)

2010年3月 8日 (月)

javascript による、非同期通信 (Ajax)

 このところ、RS_Baseでは、javascript による改定を行っていておりますが、本日は、画面をリロードすることなく、データを読み込んで、受け付け患者を表示するようにしました。この手法は、Ajax「Asynchronous JavaScript and XML」と呼ばれたりしているようですが、手つかずの案件として残っておりました。

 結果、やってみれば簡単なことではあったのですが、わからない内は雲のかかった状態で、今までは避けて通っている状態でありました。

 Ajaxでは、文字コードはutf8を使用する必要があるようで、jcode.pl では utf8変換は出来ないので、jacode.pl を使用しました。

 今までは、javascript は、使えそうなプログラムをコピペして使用しておりましたが、ここ2-3週の改定にて、なんとなく、内容も理解して使用するようになってきております。

| | トラックバック (0)

2010年3月 5日 (金)

VPNサポート

 Medical-In も VPN サポートができればなぁ、と話しておりますが、今までそのような経験もなく、セキュリティーも大丈夫なのだろうかと、疑心暗鬼状態であります。 また、サポートが一医療機関に複数のPCがあり、さて、どうなのでしょうね? VPNを使って、データが漏れたという話は聞いたことがなく、現実的には大丈夫なのだと思いますが、ゼロからのスタートというのはなかなか難しく、経験者に相談するのが一番のようです。

 ところで、本日、節目バージョンとしました。本来であれば4月なのですが、バージョンアップの内容からして、本日となりました。4月というのは、メーリングリストからのdrop out施設様が確定してからということでありますが、それはたいしたことではありませんので。ちなみに、毎年300施設ほどご参加され、20施設程度dropout されます。周囲に使用している施設がない状態で、RS_Baseを使えるようになるには、やはり、それなりの知識、あるいは、努力?が必要な様です。

| | トラックバック (0)

2010年3月 4日 (木)

ダブルクリックメニューに受付リスト

 本日のバージョンアップにて、ダブルクリックによる、メニューテーブル表示の下部に、受診者の表示機能を追加しました。これを使った感じは、想像以上に便利である可能性を感じました。特にシングルディスプレイで受付を常時表示できない、あるいは、表示してもRS_Baseの画面に隠れて背部にまわってしまう、という状況の施設では、結構使えるのではないでしょうか。

| | トラックバック (0)

2010年3月 2日 (火)

ニューリンクインターフェース2

先日あきらめた、マウスの位置で表示されるポップアップ様リンクメニューですが、改定して、ニューリンクインターフェース2 としました。リンクメニューは下記の様にテーブル様式で表示されます。

Table_link

| | トラックバック (0)

2010年3月 1日 (月)

URL を新しいwindow で開く

最近の、web表示のフォーマット XHTML では、URLを新しいwindow で開く、target = _blank は機能しないそうです。新しいwindow で開くのがユーザーフレンドリーではないというお話? 一方で作り手の方としては、新しく開いてもらわないと困る場合もあるわけで、今まであった機能がなくなるというのはどうもいけません。もちろん、javascript を使用するとURLを新しく開くことは出来るわけですが、今までの膨大なプログラムを書き換えなければいけなくなります。

 というわけで、先週金曜日に追加した、ニューインターフェースですが、これを動作させると target = _blank が機能しなくなりますので、おそらくこのあたりが原因と想像されます。

 RS_Baseで、新しくURLを開くことが全くない画面では、先日のニューインターフェースは使用できるわけですが、どうもそのようなURLはないようです。せっかくおもしろいインターフェースですので、リンクが少ないURLにて、javascript で、windowを開くようにしてみましょうかね?

| | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »