« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月29日 (火)

年内ブログは休刊

 本日で、当院も終わりで、RS_Baseのバージョンアップの予定もなく、本ブログは、正月明けまでお休みさせていただきます。

 過日のRS_Base忘年会ですが、30名ほどご出席いただきましたが、なんとか親近感を持って話のできる人数であったように感じました。後ろの方が少しスクリーンの文字が見えにくかったようですが、申し訳ありませんでした。

 本年の賀茂川荘忘年会では要望があまり出ず、そろそろRS_Baseも成熟しているのかもしれません?!?!。

 時間があれば、年末、年始にブログを更新するかも知れませんが、一応、本年は今回で打ち止め、ということで。

 来年も、よろしくお願いします。みなさま、良いお年を!!!!

【賀茂川荘外軟レタッチ by Dr 久慈】

http://www.rsbase.net/RSB/kamogawa/menu.html

| | トラックバック (0)

2009年12月25日 (金)

RS_Base 黎明期

 シングルディスプレイで、電子カルテとRS_Baseの表示を切り替えて行っていたことがあります。それでも、電子カルテから、RS_Baseの患者画面をワンタッチで表示できるようになったのは、私にとっては劇的な変化だったのですが、その後2画面での診療を行うようになって、とても一画面の診療はできなくなりました。

 一画面、17インチ2画面、19インチ2画面、21インチ2画面、30インチ一画面とディスプレイが進化して行きました。ソフトも大事ですが、環境も大事なようです。

17

| | トラックバック (0)

2009年12月24日 (木)

本年のPC系の失敗

 今週末に、RS_Base忘年会を控え、それが終われば新年にまっしぐらでありますが、本年はパソコンをいくつか入手し、SSD *8 の RAID0 は順調に動いております。東芝のモバイルノートRX1(Core2 1.33Ghz 重量1kg winXP) も、先日59800円で追加購入しました。これもいい買い物をしたと思っております。ただ、ひとつ失敗したPCがあり、富士通 LOOX U であります。CPU を Atom としては高速の2.0Ghzにしたものの、それではパワー不足で、キーボードも使う気になれない。接続するキーボードも購入したものの結局、東芝RX1 と iPhoneの狭間で使用しないPCになりました。 ただ、そのうちに、日の目を見ることがあるかも知れません?? (どなたかにお譲りした方がLOOX U にとっては幸せかも)

| | トラックバック (0)

2009年12月23日 (水)

RS_Baseラボの概要

RS_Base のHPに RS_Baseラボ のリンクを追加しました。Vector への登録にしようかな? apache がなにかわからない方が、マニュアルのみで、使い始めることができるだろうか??

1) 診療支援ソフトRS_Baseより血液データ部分を切り出し、オプションを削り、少しシンプルにしたものです。

2) 本ソフトの利用は医療機関さまのみとなります。改変の有無にかかわらず、再配布は不可で、著作権は(株)Medical-In にあります。

3) 本ソフトは原則バージョンアップいたしませんので、RS_Baseラボで血液データ管理を継続利用される場合、より有用にご利用いただくため、RS_Baseにお引越しいただくことをお勧めいたします。

4) RS_Baseラボは、RS_Baseと血液データ構造は同じですので、RS_Baseに引っ越すことにより、eGFRの計算、HOMA-Rの計算、血液データ検索、あるいは、その他画像、レセコン、電子カルテ連携などの機能がご利用になれます。

5)本ソフトは、RS_Baseと同様にInternet Explore (IE) でWeb閲覧するソフトで、ネットワーク設定する事により、複数のパソコン(端末数制限なし) からWeb閲覧可能です。

6) 本ソフトは、Dドライブ専用です(Cドライブでも動作しますが、Vista or window7 ですと、セキュリティー設定の変更が必要になりますので、Dドライブ推奨です。尚、Cドライブで動作させるには、Cドライブ用の apache が必要になります。)

7) 血液データの閲覧は、数字のID入力で行いますが、診察室でIDを入力する作業に時間がとられますので、本ソフトの”受付(BOX受付)” に受診者を登録して(受付のパソコンで職員に登録してもう)、BOX受付のクリックにて、当該患者の血液データを表示させる方が効率的と思われます。(注:RS_Baseの受付ソフト部分を BOX受付 と呼び、これと下位互換の受付機能をRS_Baseラボ も持っています。

8) 本ソフトでは、異なる複数の臨床検査センターのデータを読み込ませることはできません。もし、読み込ませてしまった場合は、二つの臨床検査センターのデータ表示順がばらばらになるなどの状態になります。

9)臨床検査センターからの血液データの結果は、RS_Baseのフォーマットで、FD などで受け取り、それをRS_Baseラボに読み込ませます。RS_Baseフォーマットは、100箇所以上の臨床検査センターにご対応いただいております(RS_Base自体が、全国で1800の医療機関でご利用いただいていますので、多くの臨床検査センターが、RS_Baseフォーマットに対応しています)

| | トラックバック (0)

2009年12月22日 (火)

今日は冬至

 今日は冬至なのでしょうか? 当院では一足早いクリスマスケーキを食しました。

Christmas2

今年の総括:

RS_Base:無難に年が越せそうです。メジャーバージョンアップをする事もありませんでしたが、情報の表示、非表示機能に少々凝ってしまいました。また、プロブレムリスト機能も、なかなかいいかもしれません。

為替(ドル円):しばらく円高でしたが、11/23日の84.82円を底に、来年3月くらいまでは、円安(ドル高)に向かう可能性あり(自信なし)。その後に訪れるであろう超円高(ドル安)は、70円前半へ。その後は長期円安に向かう..(70円前半が人生最大のドルの買い場かも....。)

日本株:微妙な局面。数ヶ月円安が続くとすれば、その間は、下落は限定的か(現在、やや上昇基調)。2011年頃の超円高時には、果たしてどうなっているのでしょうか...。(いずれにせよ、この時が人生最大の買い場か)

と、言いながら、リスクマネーはほどほどにした方が、健康にいいでしょうね。

| | トラックバック (0)

2009年12月21日 (月)

RS_Base はパステルカラー

 RS_Baseでは、各検査の背景色、血液検査項目の背景色などを指定することが可能ですが、その設定はできるだけ、けばけばしい色は避けたいものです。もちろん、お好きなればそれでいいのではありますが、私はRS_Base自体にできるだけパステルカラー調にして、落ち着く雰囲気にしたいと思っております。(情報量が多過ぎるので、実際は落ち着く雰囲気ではありませんが)。

 その、背景色ですが、RGB (Red Green Blue) の三原色をそれぞれ、16bitであらわし、白は FFFFFF 黒は000000 赤は FF0000 緑は 00FF00 青は 0000FF 黄色は FFFF00 などですが、中間色は、FF-00の間で、お好きなものを選べば、無限に近いカラー表示が可能です。ただ、実際は自分で考えるのは困難ですので、http://web-img.com/color/full.php などのサイトを利用して色を取得するのが一般的でしょうか。

Color_2

| | トラックバック (0)

2009年12月20日 (日)

デスクトップの大掃除

 年末で、院内の大掃除もぼちぼちやって行かなくてはと思っておりますが、皆さんの診察室パソコンのデスクトップの散らかり具合はいかがでしょうか。

私の現状のデスクトップは下記画像のような感じですが、実際はこの数のアイコンを30インチのディスプレイに、アクセスしやすいところに配置しております。RS_Baseは最新バージョンのみをおいておりますが、古いバージョンが必要になった場合は、ネットからFFFTPにてダウンロードします。また、Webブラウザは、Google Chrome, Firefox, Safari, IE8 と4つのアイコンがあることに気がつきました。

Desktop

| | トラックバック (0)

2009年12月19日 (土)

RS_Baseパンフ

 ブログも長くなってきますと、何を書いて、何を書いていないかわからない状態になります。本日アップする画像はRS_Baseの展示の時に使用するパンフレット画像です。ダイナミクス用とORCA用があるのですが、両者の違いは数箇所変更するだけであります(このパンフレットも以前アップしている様な気もしますが....)。

Panf_3

| | トラックバック (0)

2009年12月18日 (金)

RS_Baseが取り持つ縁

 本日、近くの病院の院長先生が年末のご挨拶に来られました。院長先生曰く ”鹿児島の飯田先生とお知り合いだそうで"。 ”はい、何度かお会いしたことがあります”と私。 ”飯田先生とは同級生なんです”。と院長先生。
  遠くに知り合いの先生がおられるということが、なんとなく自慢でありました。これも、RS_Baseが取り持つ縁でしょうか。その直後に受診された患者さんも、先日鹿児島から引っ越して来られた方でした。こんな場合、Google map の航空写真にて、鹿児島のお住まいを表示したりしてます。昔には考えられなかったことであります。

 さて、少し前から、年末モードですが、来週23日ゴルフを誘われました。寒そうではあります。確かに、本日北の方から来た当院の職員の車には雪が積もっておりました。ゴルフ場はそれより北ですので、23日は危ないかも知れませんですね。

Snow

| | トラックバック (0)

2009年12月17日 (木)

User Account Control (UAC) のチェックを外す

 昨日、コニカさんが販売されるという、超音波機器とRS_Base, RS_Reciever との連携のチェックを行いました。静止画、動画共に問題なくファイリング可能でありました。尚、RS_Recieverを Vistaで動作させるには、コントロールパネルのユーザーアカウントで、User Account Control (UAC) のチェックを外す必要があるようです

http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/859disuac/disuac.html

 一方、RS_BaseをCドライブで動作させるには、Users\rsn ホルダー のセキュリティーの変更をして、ファイルの書き込み、変更などができるように設定が必要です。これは、Vista以降では、Users(表示はユーザーとなりますが、実際のホルダー名はUsersです) ホルダーは、OSの管理ホルダーの一つになっており、セキュリティーが通常のホルダーより厳しく設定されているからです。

エコー本体は私にとってはどうでもいいのですが、エコー側にて患者情報を読み込むようにし、検査オーダーの対応を検討されているとのことでした。これが、実現して、他社も追随して欲しいものです。

| | トラックバック (0)

2009年12月16日 (水)

RS_Base のデータ障害

RS_Base のデータ障害
 年末に近くなると、例年データベースが壊れたというご連絡を痛く事とがやや増えます。といいますのは、RS_Baseのデータベースは、年別のファイルになっており、年末になるとファイルサイズが大きくなり、開いたり、保存したりする時間が増えるためです。
 ただ、本年は、データ障害のご報告がほとんどないのですが、どうしたのでしょう? データ障害の修復方法が周知されたのでしょうか? あるいは、耐障害性が向上しましたでしょうか? さて、どっち?

 注)現在、ユーザー数は、実質1750程度と思い割れます。各医療機関で10年に一度、障害が起るとした場合、年に175施設でデータ障害が起りえます。つまり、二日に一度は、”データ壊れたぞ~” というご連絡をいただくことになるのですが...。

| | トラックバック (0)

2009年12月15日 (火)

内視鏡のコンパクトフラッシュが ”めげた”

”めげた”、とは、広島の方言で、”壊れた”という意味ですが、本日内視鏡後に、コンパクトフラッシュ(CF) をパソコンにさしたところ、そのドライブは開き、ホルダーも表示されますが、ホルダーを開こうとすると、”壊れているので開けません” と出ます。複数のパソコンでやってみても同様でした。内視鏡では、追加の保存が可能でしたが、閲覧しようとしても閲覧できませんでしたので、CFがおかしくなったと判断し、再フォーマット...。本日の画像はあきらめようと思いましたが、Vectorからファイル復活ソフトをダウンロードして、クラスター検索をしたところ復活可能でありました。CFという容量が小さいものでしたので、クラスター検索も可能でしたが、ハードディスクではちょっと大変かもですね。今までフリーソフトではファイルの復活は思うようにいきませんでしたが、フォーマットをした後、すぐに復活作業をしたということもありますが、あきらめないことが肝心でしょうか?

| | トラックバック (0)

2009年12月14日 (月)

誕生日情報表示

 本日は私の誕生日のようで、RS_Baseで私の画面を開くと、”53 才(1956/12/14 【金】)、Happy Birthday!!”と真っ赤に表示されます。RS_Baseのメーリングリストを立ち上げた当初は、43才だったわけで、その頃は私はMLでは若い方の部類だったのですが、現在は、中間レベルでしょうか。

 RS_Baseでは、注意 ボタンの横に、誕生日情報ボタンがあり、それをクリックしますと、本日であれば、12/14日の情報が表示されます。ちなみに、本日は。以下となります。

【何の日・行事】
赤穂義士祭(兵庫県)
義士祭(東京都高輪泉岳寺)

【歴史・出来事】
1903年 ライト兄弟の飛行実験成功
1911年 アムンゼン隊が南極点に人類初到達
1975年 最後のSL、室蘭本線を走る
1702年 赤穂浪士討ち入り

【今日が誕生日の有名人】
1503年 ノストラダムス(予言者)
1915年 戸板康二(演劇評論家)
1921年 森正(指揮者)
1948年 にしきのあきら(歌手)
1955年 世良公則(歌手)
1964年 高野寛(歌手)
1967年 田中幸雄(野球)
1971年 高橋美香(タレント)
1974年 RYOJI(ケツメイシ・ミュージシャン)
1977年 上田美穂(OPD・タレント)
1982年 須山彩(タレント)

【誕生花・誕生石】
誕生花は 松(まつ)、花言葉は“不老長寿”、
誕生石は トパーズ(topaz)、宝石言葉は“希望”です。

| | トラックバック (0)

2009年12月13日 (日)

時計(javaとフラッシュ)

RS_Baseでは、アナログ時計を表示させていますが、java, flash のいずれかを選択しての表示となります。 IE8では、Web画面の拡大、縮小がCtr + マウスホイール にて自由自在といった感じですが、このアナログ時計では、異なる挙動をします。java時計は残念ながら拡大、縮小に正しく反応してくれませんが、flashの時計はきれいに拡大、縮小されるようです。もともとflash の時計のほうがきれいなので、私は、基本情報→時計 にて flash を選択しています。

Tokei

| | トラックバック (0)

2009年12月12日 (土)

ノートPC購入?

 当分使用できるスペックのノートPC を購入しようかと思ったりしております。不況の折、外国製より日本企業をサポート。ってなことを念頭に置いて(といってもiPhoneを使用していますが) NEC製を選択。 SSDがなかったのが残念ですが、HD 7200回転 に 4GBのHDキャッシュ ターボ・メモリーをオプション追加して、よしとすることにしました。 また、window7 が、64bitが選べないことも少々残念でありまが....。

-----------------------------------
LaVie G タイプL(p)
Core2Duo T9900 3.06G Hz
Windosw7 Professional
16型 スーパーシャインビューEX2 (1366*768)
4GB デュアルチャンネル対応
HD 320GB 高速7200回転+(インテル・ターボ・メモリー 4GB)
ブルーレイディスクドライブ
PC3年間メーカー保障
高速11n対抗 ワイヤレスLAN
-----------------------------------

いやぁ。スペックはいいですが、清水ではありますね。

| | トラックバック (0)

2009年12月11日 (金)

RS232C か LAN接続か

 医療機器との通信は現状、RS232Cが多い様ですが、最近のパソコンはRS232C自体が存在しないことが通常で、RS232Cの医療機器と、パソコンを繋ぐには、RS232CーLAN変換ケーブルを使用している施設が多い様です。

 医療機器側にRS232Cが多いのは、コスト的にそちらの方が安い、あるいは簡単ということかと思われ、小さな機器はこれからもRS232Cだと思われますが、ある程度の大きさの機器ではこれからはLAN接続、Socket による通信が普通になるのかも知れません。

 RS_Baseと周辺機器を繋ぐRS_Commソフトは現状RS232Cのみ対応となっていますが、これからは、LAN接続に対応して行く必要があるのだろうと思います。

| | トラックバック (0)

2009年12月10日 (木)

再び、RS_Labo

 RS_Baseの血液系を抜き出し、かつ、オプションを極力なくしたものの、作成がほぼ完了しました。この血液系では、eGFR、HOMA-R の計算もできませんし、グラフセットはなく、血液データの検索もできませんし、もちろん、処方内容と血液グラフを一緒に描画することはできませんが、一般的な血液系の表示、グラフ化の機能は備えていると思われます。

 オプションが少なければ、その分初期導入でのハードルも少しだけは低くなるかもしれません。本日、その簡易マニュアルを作成しました。

http://www.rsbase.net/RSB_labo/RS_Labo.pdf

さて、問題は、このRS_Labo の配布形態です。フリーでお役に立てたいと思う一方で、不特定多数に流れるのも少々怖いかなぁ、と思うところであります。

| | トラックバック (0)

2009年12月 9日 (水)

いい画像はとっておこう

 本日も年末モードで、診察室の周りを少々片付けておりました。私は捨てるときにはバサッと捨てるので、後から ”え? あれすてたの?”と言われることがあったりしますが....。本日も、少々積み上がっていたパンフレットなど捨てましたが、捨てた小山の中で、”お!、この画像はとっておこうかな”というものがありました。そういうときには、すぐにスキャニングして、RS_Baseの説明画像にぽいっと投げ込んでおきます。何かの時に使えるかもです。

その画像の一個を小さくしてアップしてみます。

Aso_2

| | トラックバック (0)

2009年12月 8日 (火)

RS_Base も年末気分

 RS_Baseも年末気分で、Active なバージョンアップは、ほぼなくなっております。後は、恒例の忘年会をホテル賀茂川荘にて例年通り行って、そこで何かご要望があれば、対応させていただくということになります。このご要望ですが、もう、何もないだろうと言うくらい、いままでやってきたわけですが、ご要望が止ることはないというのが現実であります。

 さて、当院では12月になるとクリスマスツリーを待合に飾ります。11年前の開業時に、トイザラスで4800円で購入したものが、依然壊れず、きれいなままです。RS_Baseを作り始めたのは、ちょうどこのクリスマスツリーを購入した、1998年11月くらいだったような気がしますので、このツリーもずっと使い続けて行きたいものです。

Tree

| | トラックバック (0)

2009年12月 7日 (月)

基本情報画面をきれいにしたい

http://www.rsbase.net/RSB/sample/basic.htm

上記は、RS_Baseの基本情報設定画面。つまり、各種オプションを設定する画面です。RS_Baseでは、プログラム自体をカスタマイズしていただくわけには行きませんので、希望があれば、オプションにてon off できるようにしています。当初はこんな予定ではありませんでしたので、脈絡なく追加していきましたが、なんと見にくい画面になってしまっております。

 実は、このオプション設定の、マニュアルを作るのだけでも大変そうでありますし、作ってもそれを読み人はほとんどおられないでしょう。 マニュアルとは、”着てはもらえぬセーターを....;” に近いものですが、かといって、それがなければ、ないで大変期待されるもの、でありますね。

| | トラックバック (0)

2009年12月 6日 (日)

RS_Base血液のフリーバージョン

 昨日は、RS_Baseの血液のフリーバージョン?を造ってみました。RS_Baseの血液でオプションを削ったもの+簡易B受付+10年前のRS_Basejpg画像管理 といったレベルのものです。完全フリーにするか、初期導入サポート3ヶ月で、5000円程度とするか....。どちらが使用にいたる施設が多いのか、検討予定です。

 本日は、ゴルフ。今日は寒かったです。雲から顔を出したつかの間の太陽を iPhoneで撮影しました。

Img_0559_2

| | トラックバック (0)

2009年12月 5日 (土)

職員に iPod touch を

 今日は、RS_Baseはお休みですが私事を..。本年は、職員へのクリスマスプレゼントに iPod Touch (64GB) を購入しました。最初で最後のプレゼントかも知れませんが、職員は使いこなしますでしょうか? 私は iPhoneを使用しておりますので、屋外でネットに繋がらないiPod Touchを使う気になりませんが、音楽主体であればいいのでしょうか。(当院内では、iPod Touchも無線LANでネットに繋がりますが....)。一ヶ月後に、どんなことになっているか、楽しみではあります。ちなみに、iPod Touchの厚味はiPhone の半分くらいでしょうか。

| | トラックバック (0)

2009年12月 4日 (金)

診療データの年別推移

 RS_Baseユーザーの半数以上は、電子カルテダイナミクスのユーザーであるのですが、RS_Baseでは、ダイナミクスから診療情報、患者情報をいろいろ受け取ることができますが、その中の一つの機能として、診療報酬の年、月別集計を表示があります。その方法は、RS_Baseと連携したダイナミクスを立ち上げた状態で、[受DY] をクリックした画面で、(月比較A(含む自由診療カルテ) をくりっくしますと、直近15年の診療報酬、受診患者、患者担架平均などの経過を見ることができます。ダイレクトなURLを書きますと、http://localhost/~rsn/jushin.cgi?year=2009&mon=12===20 となります。
 私も、月に一度くらいは見ているかも知れませんが、さすがにその画面はサンプルアップできませんですね。

| | トラックバック (0)

2009年12月 3日 (木)

壁にRS_Base

 RS_Baseの使い方もいろいろですが、院内でのデモンストレーション時には、プロジェクターもいいのでしょうけれど、結構頻用するのであれば、大きめのディスプレイというのもありかも知れません。またナースステーションや医局などでは、壁掛けのパソコンで表示できれば、常時複数の職員で閲覧でき、便利なことがあるのかもしれません。

 実際の利用方法はうかがっておりませんが、ナース・ステーションに掛かっているRS_Baseであります。

Nm Nm2

| | トラックバック (0)

2009年12月 2日 (水)

レセコンとの連携

 RS_Baseは、電子カルテ、レセコンから患者情報を取り出せて、RS_Baseの患者情報 name.csv ファイルに患者情報が取り込めることが、RS_Baseを使用する上での必要条件のように思います。現状レセコンでは、メディコム、ORCA,、日立レセコンなどにご対応いただいており、Medicomさんにご対応いただいたときは、レセコンは比較的閉鎖的な感じであったので、隔世の感がありました。Medicomのソフトは、通常はRS_Baseが動作するパソコンで起動させ、Medicomのレセコンにデータを取りに行く感じのソフトで、RS_Baseへは、BOX受付を経由して取り込まれます。そのソフト(メディコむムさんから有償配布)の設定画面は下記の様な感じです。

Medicom1 Medicom2

| | トラックバック (0)

2009年12月 1日 (火)

RS_Base で、閲覧するデータは?

 RS_Baseを日々使用しておりますが、私がよく目をやるデータは、血液、side_showの指定検査サムネール画像、説明用の画像、処方歴、サマリー、所見内容検索、などでしょうか。
 特に、慢性疾患にて受診されている患者さんの場合、血液検査はいつも、データ&施行年月日を一別する事がほとんどでありますのに、RS_Baseの患者画面ではスクロール、あるいはワンクリックしない限り血液データは閲覧できませんでした。これを先日のオプションにて、患者画面の比較的上部に血液データを表示するオプションを追加し、それで運用しております。当院では、おそらくこの設定がいいように思います。画像系の検査テーブルは私のところではあまりみておらず、画像系の検査も side_showの主要検査のサムネール画像の診断、日付をみた方がアクセスが簡単です。
 画像系がメインであったはずのRS_Baseの患者画面で、画像検査のテーブルリストが下部に追いやられているもの、少々不思議な気がしますが、血液テーブルは、瞬時に隠すことができ、見たいときにはすぐに見れますので、問題なさそうです。

| | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »