« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月30日 (月)

当院でデジタル化を阻む医療機器

 胃透視検査は未だにフィルムと現像機ですが、最近では施行される頻度が多くない医療機器になっております。デジタル化にはDR透視台にする必要がありますが、とても採算が合うものではないのが、消化器内科でも開業時に購入されないところが最近では多いのではないでしょうか。

 DR透視台は、通常の透視台の倍くらいのお値段でしたが、本日東芝さんが、比較的安価なものを発売したといってカタログを持ってこられました。今までのものより、500-600万円程度安いのかも知れません(今までのもののお値段を実際は知らないのですが)。東芝さんを宣伝するのも何ですが、カタログアップしておきます。

Dr1 Dr2

朗報ではありますが、それでも、透視の頻度を考えると、購入する気にはならない..ですよね。

| | トラックバック (0)

2009年11月29日 (日)

Windows7 64bit版

 昨日、windows7 の64bit 版を自宅パソコンとしてセットアップしました。自宅ですのでソフトは最小限にして、RS_Base、MS-Office2003(電子カルテダイナミクス用)、FFFTP(FTPソフト)、Becky (メーラー)、あたりを動作させてみました。今のところ、それらは正常に動作している様です。window7 は 64bit 版の方が一割は速かったようなので、こちらを選択しました。

 Vistaでは、RS_Baseから開いたホルダー内のOffice系ファイルは開けませんでしたが、この不具合はwindow7で改善しているようです。ただ、私が使用しているRS_BaseからmdbにアクセスするためのモジュールはVista同様動作していないようです。

 64bit版にて一部のソフトは動作しない可能性がありますが、速度や今後のことを考えますと、これからも64bit版を選択していきたいと思います。

 何はともあれ、Vistaはスキップしましたが、これで、windows7へ、ぼちぼちと移動できそうであります。

| | トラックバック (0)

2009年11月28日 (土)

RS_Base のプログラムサイズ

 RS_Baseは何十個の cgi perl プログラムからなっておりますが、メインプログラムは 5万6千行 程度の2000.cgiですが、これは、こんなものかと思っておりましたが、その後大分たってサブプログラムとして作られたBOX受付のプログラムが1万6千行になっていたのには、驚きました。

 1万6千行といえば、ただタイプするだけでも相当時間がかかります。塵も積もれば山となるといった感じですね。

 本日、動作がおかしいとの指摘をうけ、何回か前のバージョン変更内容だったので、何を変更したか不明でしたので、以前、本MLでご紹介いただいたファイル比較ソフト DF.exe (http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se113286.html) を使用しました。

6万行近くもありますと、スクロースしてみていくのも大変でありますが、便利なものでありますね。

ちなみに、血液データ + 各種問診 のプログラムである、labo.cgi は2万8千行 でありました。

3つあわせて 10万行  1行を10秒でタイプしたとして、100万秒つまり、277 時間であります。

 RS_Baseを作り始めてから、10年が過ぎました。昔の話になりますが、開発から1年程度が経過し、大分機能が落ち着き、バージョンアップがしばらく空いたときに、プログラムの全体が把握できなくなり、これ以上の開発は無理だと思考が停止した頃がありました。その後その時を通り抜けると、以後プログラムのスランプはあまり経験しておりません。

| | トラックバック (0)

2009年11月27日 (金)

本年のRS_Base忘年会

 本年も、RS_Baseの忘年会、オフ会が広島県竹原の賀茂川荘にて、クリスマス直後に行なわれます。例年は、十数名で、和気あいあいなのですが、本年は30名を越える状態でありますが、雰囲気は保ちたいものであります。

 さて、どなたにご講演をいただくか難しいところであります。どなたがどのようなことを御話になるか、大分わかってきておりますが、いろいろあっていいのでしょうね。

RS_Baseといえば、現在、産みの苦しみ? というほどでもありませんが、マイナー改定とともに、かなり古いバージョンからバージョンアップされた先生からのご質問などがあります。質問には、基本情報の設定は付き物ですが、現在、基本情報の各項目の連番を記載しており、バージョンが古い場合は番号がわからないので、それがバージョンアップへのモーメントになってくれればと思っているところであります。

| | トラックバック (0)

2009年11月26日 (木)

ドル円の行方

 RS_Baseは、本日、皆様に節目のバージョンアップのお願いをしたところであります。偶に数年以上前のバージョンを使用されているところもあり、驚く限りです。 そのあたりのバージョンからは、見た目もそれなりに変わりましたので、100%完全上位互換になっておりますかどうか.....。

 RS_Baseの話よりも、今回はドル円のお話。本日、1995年の一ドル79円台以来の一ドル86円台になりました。そろそろ5年サイクルボトムが近くなっており、その後一旦リバウンド、2011年には一ドル70円前半、それ以後は長期円安へといったイメージです。現在、アメリカはドルを刷りまくっていますので、一ドル60円台説がでるのも、うなずけるところであります。

| | トラックバック (0)

2009年11月25日 (水)

IEの基本情報での画面スクロール

 インターネットエクスプローラーでは、マウスホイールにて画面をスクロールするのが通常ですが、IE6などでは、画面をスクロールするときに、マウスのある部分に、選択入力フォームがありますと、マウスのホイールの操作にて、選択枝が気づかぬうちに変わっていました。
 これは、RS_Baseにおいて、基本情報画面で、画面をスクロールしますと、その設定内容が勝手に変わってしまうといことがおき、非常に不都合でしたが、先ほどIE8で動作を確認してみますと、前述の操作で設定が勝手に変わってしまうことはなくなっており、この点は改善している様です。知らぬ間に知らぬところが改善しているようです。
 残るは、IE8でのjpg画像の異様な遅くなった、というRS_Baseにとっての超改悪ですが、これをオプション設定にて、IE7以前の様に高速に表示可能となることを切に望んでいるところであります。(マイクロソフトには報告済みで、検討するとの解答をいただいております)

| | トラックバック (0)

2009年11月24日 (火)

RS_Base とダイナミクス

 電子カルテダイナミクスがバージョンアップされ、Ver20 となりました。私が10年ほど使用している電子カルテです。電子カルテに関しては、私個人は、しばらくして安定した頃にバージョンアップするのが常なのですが、Activeな先生の多くは、すぐにバージョンアップをされますので、RS_Baseとの連係動作に関する情報がすぐに飛んでまいります。その情報はありがたい限りですが、それに対応するため結局私もデモデータにてバージョンアップして、動作確認、連携対応ということになります。

 今回の、ダイナミクスver20 にても、血圧の日付フォーマットが変わり、その対応が必要でしたが、それ以外は余り問題なくいけそうです。私自身は、レセが終わった頃に、ver20にバージョンアップしたいと思っております。

 来年4月は保険改定です。電子カルテ(レセコン)は、それへの対応が必須になり、本当に対応は大変なことかと想像します。 RS_Baseは、保険改定とは直接関係ありませんので、その点気楽といえば気楽であります。

| | トラックバック (0)

2009年11月23日 (月)

RS_Base のサポート

今月より、RS_Baseのサポート料6300円/年のお願いを開始したところです。一部の先生から、安すぎるのでは? というメールをいただき、ありがたいことです。年2万円であるならば、電話対応も開始できそうでありますが、それを欲しない場合も多いでしょうし、オプション設定にすると、数が少ないと、とてもやっていけるものではありませんし、なかなか難しいところです。

 それはさておき、日が短くなってまいりました。ゴルフは途中で止めたくないスポーツでありますが、打った球が見えなくなるとつらいものがありますね。

Sun

| | トラックバック (0)

2009年11月22日 (日)

技術の進歩

 windows7 になったからといって、特段何も変わっていないに等しいですし、CPUの速度もこのところ進歩はストップしています。変わりつつあるものは、HDからSSDへ、USB2.0からUSB3.0へ、10Gitネットワークもそろそろなのかもしれません。たた、いずれも激変といった感じではありませんね。

 一方、車の世界は我々が、カッコイイ車を手にするのが一つの夢?であったのが、最近は車より、携帯電話にお金がまわっているとはいえ、ガソリンから、ハイブリッド、電気自動車に、この世界大不況を一つのバネとして加速しつつあります。 この話も私にとってはあまり関係なかったのですが、そろそろ車を買い替えようと思い始めたときから、かなり気になってまいりました。プリウスは、半年以上またさせるようですが、12月発売のSAIはどうでしょうね。これも、なかなか難しいでしょうか。ただ、エコカー減税は、来年9月までの延長が決まった様ですが。

 パソコンに関しては、window7 を一台持たなければ、と思いながら、CPUの高速化が望めない現状、購入意欲は低下気味であります。

| | トラックバック (0)

2009年11月21日 (土)

そろそろバージョンは落ち着いたか?

 このところ、毎日の様にバージョンアップを行なっている。一つ一つは小さなものなのですが、単純なものではないのでバグがあったりで、なかなか落ち着きませんでしたが、やっと落ち着いたような感じがいたします。

  血液データの患者画面でのワンタッチ表示、 RSB受付の安定、 基本情報のオプション設定の番号づけ、 サマリーの強調(プロブレムリスト)、採血施行患者リスト画面のビジュアルの向上、などです。

 明日から連休でありますし、そろそろ、バージョンストップと行きたいものです。不具合がありませんように......。

| | トラックバック (0)

2009年11月20日 (金)

RS_Base ホームページのサーバー設定

 本日は、RS_Baseのホームページのサーバーの引越しのために、その道のプロの知り合いにきていただきました。われわれレベルでは、LINUXのサーバー付属のユーティリティーを使用して、いろいろ設定するのが常ですが、彼はプロらしく、テキストでカチャカチャ設定を行なっておりました。 いろんな世界にいろんなプロフェッショナルがいるもので、また違った世界をみた感じでありました。

 そういえば、アセンブラでゲームプログラムを作っていた頃は、そんな世界だったような気もします。 未だにRS_Baseのプログラムは、プログラム用のエディターを使用せずに、ワードパッドを使用しているのですから、そんな世界を引きずっているのかもです。

| | トラックバック (0)

2009年11月19日 (木)

マイクロソフトの Java は、逝ってしまった。

java といえば、Sun ですが、一時マイクロソフトからもwindows用のjava が出てきましたが、マイクロソフトがSUN との契約以上にwindows用に変更を加えた?ため、Sunとのトラブルにて、結局マイクロソフトはJavaの配布をしなくなりました。

 それでも、マイクロソフトの Internet Explore7 までは、マイクロソフトのJavaは動作していましたが、IE8になって動作しなくなりました。マイクロソフトのものの方が高速だったので良かったのですが、Sunに一本化されたことで、プログラム開発の方は問題が起る可能性が少なくなりました。

 これは、昨日のRS_Baseのバージョンで、血液患者リスト画面に、javaの時計を追加したため、一つのパソコンで、エラーになったため、再認識し、SunのJava に入れ替えました。 今時、マイクロソフトのJava を使用しているのは、RS_Baseユーザーくらいかもしれませんが。

| | トラックバック (0)

2009年11月18日 (水)

サーバー不調につき...。

 サーバーが不調につき、本日の更新はなしで。

本日は、RSBの受付のプログラム改定の影響の継続、および、血液施行患者リスト画面の改定で忙しいこともあり......。

| | トラックバック (0)

2009年11月17日 (火)

RS_Base の切り出し

RS_Baseも複雑なことになってきており、サポートが必須な状態になってきておりますが、サポートが必要にない簡単なものを切り売り?でもするかな、といった気分になっております。血液データと診療情報、受付患者情報 程度に機能を絞って画面構成もシンプルにしたものを作ってみたくなっております。

 メインは血液になるでしょうから、初期画面はわかりやすくしたいものです。と、言っても、なかなか時間がないのでありますが。

独り言: 本日は、改定したRS_Baseの受付の挙動がおかしく、疲れ気味であります。Internet Explore の html javascript が思いもよらぬ挙動をすると、なかなか難しいものがあります。

| | トラックバック (0)

2009年11月16日 (月)

本年のバージョンアップもそろそろ終了か。

 RS_Baseのバージョンアップも、昨日のプロブレムリストを最後にそろそろ終了ムード。後は、賀茂川荘にて、RS_Baseの勉強会&忘年会を残すのみであります。ただ、賀茂川荘では毎年宿題をいただきますので、医療機関のニーズは本当に多様であります。本年の忘年会は25名程度で、例年よりやや多めですので、大きな声で話をしなければならないかもしれません。少人数ですと、本音、オプレコなど、自由な話ができるので、そのムードだけは保ちたいものです。
 賀茂川荘には一昨年は、30インチディスプレイ、昨年はペンタブ21インチディスプレイを持参しましたが、本年はwindow7に対応したディスプレイを持って行きたいものですが、間に合いますかどうか....。ちなみに、windows7 64bit版にて、今のところRS_Baseは動作しているようであります。

 そういえば、ジャストシステムの社長、会長が交代となりましたね。一太郎は生き残るのでしょうか?下記写真は、頂点を極めたものの、Excelにとって変わられた、表計算ソフトLotus1-2-3 のお勉強本です。当時私には必要ではなく、最後まで使えるようにはなりませんでしたが....。

123

| | トラックバック (0)

2009年11月15日 (日)

未知の javavascript の機能

 このところwebの情報を javascript にて非表示にしておいて、クリックにて表示させるという手法にハマリかげんです。RS_Baseの開発当初の10年前にも、このscript機能はあったのだろうと想像しますが、これを知っていたならば、RS_Baseの画面の構成はまったく異なったものになっていたかも知れません。今でも、FlashやAjaxによるバックグラウンドデータ通信などRS_Baseでは利用しておりませんが、それを使い出すと、また異なる世界が広がるのでしょう。
 ただ、はじめから手法を知っていればと言っていてもしかたありません。いつからでも新しいことは始められるわけですから。

| | トラックバック (0)

2009年11月14日 (土)

スナップ写真の撮影

 スナップ写真の撮影を始めると、止められないといいます。撮っていない患者さんがいると気になって来るそうです。一方で、インフルエンザの時期は家族で予防接種に来られるので、毎年家族写真をRS_Baseにファイリングされている施設があり、その画像をみますと、子供さん、ご家族の成長の記録になっており、素敵だなぁと思いました。
 私も久々に重い腰を上げて、本日4-5人の写真をとりました。基本情報 → スナップ写真取り込みホルダー で、読み込みホルダーを指定しておくと、患者画面の snap をクリック後、簡単にファイリング&削除ができて、ちょっとやる気になってまいりました。 昨日のプロブレムリストのこともありますし、私自身、もう少しまじめにRS_Baseを使用しようかと思っております。

| | トラックバック (0)

2009年11月13日 (金)

サマリーをサマリーする

患者さんの病歴のサマリーを書くことは、患者さんの病歴を把握することであり、こまめに記載をしておくとそれがもっとも重要な情報になったりもします。一方、記載がこまめすぎるとサマリーが肥大化し、一別で情報がわからなくなったりします。
 そこで、本日のRS_Baseのバージョンアップにて、サマリの中で、特に重要なものの最初の文字を # にしておくと、それだけ抽出表示可能なようにしました。つまり、サマリーのサマリー表示といった感じでしょうか。使い方はいろいろでしょうし、表示方法などは今後改定を加える必要があるかもしれません。

| | トラックバック (0)

2009年11月12日 (木)

RS_Baseの紹介状の敬称

 紹介状の患者名に敬称を付けるという習慣は私はなかったのですが、ご要望により、基本情報→紹介状、診断書、検診の敬称 で、様、殿、ちゃん、くん、が指定できるようになっています。ちゃん、くん、は余興でありますが...。この敬称は、患者サマリでも同様ですので、本日アップしました”新型インフルエンザ予防接種済証”の事を考えますと、これを印刷するクライアントでは、様 を指定しておいた方がいいでしょうか。
 昨日はゴルフに行ってきて本ブログの更新が遅れました。そのコースの一つですが、ゴールドから回ると、キャリーで200ヤードくらい飛ばないと、谷に落ちてしまいます(iPhoneももう少しきれいにと撮れるといいのですが)。

G_course

| | トラックバック (0)

2009年11月11日 (水)

RS_Base がカバーするOS

 私がRS_Baseを作った頃のOSは、window95 で、CPUが Pentium 200Mhz 程度でした。CPUのスピードの関係で胃透視など大きなjpg画像がたくさんでるものは低い解像度(75dpi)を推奨していましたし、スピードの関係で、年間検査登録数はMAX5000件、推奨検査表示年数5年としておりました。そのうちにCPU、グラフィックカードの進歩により、jpg画像の表示は150dpiでも全く問題なくなりましたが、IE8になって、画像補間機能で縮小画像がきれいになったのはいいのですが、jpg画像の表示が10年前のスピードに戻ってしまいました(マイクロソフトには改善のお願いを電話いたしました。) 
 一方、年間の検査登録数ですが、スピード的にはデータの処理方法の改善もあって、1万件以上、20年分表示でも問題なくなりましたが、その場合、多端末からのファイリングにより少々データベースの安全性が気になるのは以前と同じです。
 最後に、OSの変化ですが、Webでの表示情報が多くなったため、16bitでリソースが64KBというwindow95-98では、現在のRS_Base多くの画面が途中までしか表示されないと思われます。一方最新のOS window7 での動作ですが、一応動作しているようです。基本はVista と同じなのでしょうから、動作するであろうとは思っておりましたが、いつになっても新しいOSがでた場合は、動作確認が心配の種ではあります。私も早く一台window7を持ちたいものです。
【画像】心窩部~右悸肋部痛
胃が痛いので胃透視を希望ということで来院(十二指腸潰瘍の既往あり)。二日後に背中に下記写真。場所はいろいろですが、良くある話で....。後からご本人が、”そういえば筋肉あたりが痛いような感じだった様な”というお話....。修行がたりません。

Zoster
注)レントゲンがCRになってからは、胃透視のたびに現像液を変える必要があったりして、なんだかボランティア状態かもです。

| | トラックバック (0)

2009年11月10日 (火)

ネットにつなぐことの是非

 電子カルテの端末をインターネットにつなぐことの是非ですが、病院で接続されているところはまずないでしょう。特定多数の人数では、いくら教育しても、医療とは関係ない(危険な)サイトにアクセスするということはどうしても起こりえます。
 一方、診療所ではどうでしょうか。もちろんすべての端末をインターネットに接続するということは危険ですので、薬の情報などにアクセス、セキュリティーソフトを更新などのために、診察室だけをインターネットに繋がるようにするのはどうでしょうか? ルーターの下流にファイアーウォールをおいて、PC自体にも、セキュリティーソフトをおいて、もちろん、ファイル交換ソフトは絶対に使用せず。しかも、ある程度ネットの恐ろしさを認識している医師のみがアクセス可能な状態にする。それでも危険だという話は当然のごとくなのではありますが。
 なかなか難しい問題ではありますが、現実的には、電子カルテなどは使用していないが、院内のパソコンには検査施行者リストなどがおいてあるようなパソコンが普通にインターネットに繋がっている医療機関は少なからずあるのではなかろうかと想像しており、どちらかというとそういうところの方が危険であったりするのかもしれませんが、今のところ、ネット経由で医療情報が漏れたという話はなかったような。医療機関ではP2Pのソフトは使用しませんですしねぇ....。

【昨日のRS_Baseのバージョンアップ】
 BOX受付のデータバックアップを4-5時間分と長くしました。なかなか、高頻度に複数端末から書き換えられるというものには、弱いですので。

| | トラックバック (0)

2009年11月 9日 (月)

RS_Baseの背景色

 ずっと昔から、RS_Baseの画面は曜日ごとに指定可能であります。指定方法は、基本情報 → RS_Baseの背景画面を指定します にて指定します。私も背景色を指定しておりますが、はじめは背景色をみれば曜日がすくわかることを期待していましたが、背景色が変わっていることを偶に認識する程度で、ほとんど意味がなかったですね。
 曜日がわかるようにするのは、背景色ではなく、曜日の書いてある背景画像を指定できるようにするしかなさそうですが、背景で曜日を確認しなくても、と思うのが普通でしょうか。

| | トラックバック (0)

2009年11月 8日 (日)

BOX受付での時計表示

 ちょっと前からのRS_BaseのBOX受付では、RS_Base自体の指示機能を使用すると、その指示の横に時計が表示されるようになっています。時計は患者画面の検査項目リストの横に表示させていましたが、BOX受付の時計の方をよく見るので、患者画面の時計は表示しないように、私自身は設定しております。ただ、RS_Baseへの指示は、電子カルテとの2重入力となるため、使用されている施設はほとんどありませんが......。
 本日(11/8)は家庭医療学会で中西Drが診療所の電子化に関する講演があるため、それに出席であります。主にRS_Baseを利用したデモになるそうです。

Box_uke

| | トラックバック (0)

2009年11月 7日 (土)

毎日のバックアップ

 毎日電子カルテ、RS_Baseとバックアップを行うわけですが、診療後にバックアップサーバーとサーバーの外付けHDの2カ所にバックアップしております。それ以外に、診察室のクライアントに、診療前に曜日別バックアップを行い、お昼休みにRS_Baseのdata, Imfidx2009, ecg ホルダーをバックアップしております。使用レセコンから、診療内容を一括出力できないものでは、sinryo ホルダ- もバックアップしておいた方がいいのかもしれません。
下記画像が、差分バックアップソフトの RealSync の画面コピーと、コピー先ホルダーの画面です。ホルダーは、OSの機能で暗号化しているので、ホルダー名が緑色になっています。

Backup_2

【マウスのカーソル】 上記の画面コピーですが、マウスのカーソルもコピーされています。通常のマウスは画面コピーで表示されませんが、私は説明用に 拡大カーソルのソフトを使用しているので、画面コピーでマウスが表示されるようです。

| | トラックバック (0)

2009年11月 6日 (金)

RS_Baseと各社電子カルテ連携

 RS_Base と各社電子カルテ、レセコンとの連携状況を更新しました。
http://www.rsbase.net/RSB/relation.html
情報が多いとはいえず、はっきりしないのですが、実際の連携に関して、あるいは連携オプションのお値段等は、実機にてご確認ください。
 たくさんの電子カルテ、レセコンの対応、感謝にたえません。

【私事】昨日サーバの電源が突然に切れました。原因はUPSのバッテリーバックアップのコンセント系では、容量不足なのかサーバーが立ち上がらなくなったようでした(マザーボードの電気は点滅しますので、断線ではなさそう)。なにが起るかわかりませんね。

| | トラックバック (0)

2009年11月 5日 (木)

RS_Base はどんなソフト?

 本ブログを2009年1/14日にスタートしておりますが、RS_Baseが何をするソフトなのかの概要を記載したことがないような気がいたします。ということで、RS_Baseというソフトは...。
1) 内視鏡、超音波などのjpg & 動画。レントゲンのDICOM、心電図波形など院内で発生する画像をファリングするために作ったのが事のはじまりでした。
2) 次に、血液データの保存をほぼ同時に始めました。文字データの表示だけでは、なかなか紙媒体に勝っているという感じがありませんでしたが、グラフ化が出来るようになり、またグラフの上に薬歴も同時に表示可能となり、紙媒体では得られない情報を体感できるようになりました。
3) ある時期から、電子カルテ、レセコンの診療情報をRS_Baseで取得、表示できるようにしました。これによって、薬歴のグラフ化も可能になったわけですが、RS_Base上での診療情報表示自体は、レセコンの施設では有用であろうと想像しますが、電子カルテの施設に関しては、役立っているのかいないのかはいろいろかと思われます。
4) 以上のデータをいろいろな角度から検索、抽出可能となっています。
5) その他、紹介状、診断書、受付機能、予約機能、予定カレンダーなど、電子カルテに付随すべき機能もご要望により追加しています。
 このRS_Baseを診療支援ソフト と言ってしまえばそうなのですが、診療支援ソフトというタイトルでは、何をするソフトなのか想像しがたいのがつらいところであります。

| | トラックバック (0)

2009年11月 4日 (水)

消えたり出したり

 最近、RS_Baseの画面で情報を消えたり出したりするリンクを作っています。
---- ランチャー表示 ----
----登録系非表示----
---- 小画像表示 ----
----所見入力----
----処方表示----
などが、そうですが、実際にそれを使用するかどうかは別にして、IEに表示される情報が瞬時に表示、非表示に変わるのは見ていて小気味よく、Webはリロードしなければ画面が変わらないというのは、遠い昔の話なのかもしれません。最近は、RS_Baseのメジャーバージョンアップもなくサボり気味でありますが、少しづつでも前に進みたい思っています。

 昨日高速道路の宮島インターチェンジに行って参りました。8割方県外ナンバーの車でした。宮島インターチェンジは、他のサービスエリアとはことなり、広々とした芝生があり、宮島の鳥居がみれる双眼鏡も無料でしす。肉眼ではまったく確認できない鳥居が、双眼鏡では人の頭も確認できそうな感じで、望遠鏡を発明した人はえらい(発明は、1600年前後?)。

| | トラックバック (0)

2009年11月 3日 (火)

結局 Internet Explore か...。

 昨日、FireFox, Safari とダウンロードしRS_Baseの動作を確認しました。Safari に関しては文字化けがひどく閉口してしまいました。URL の日本語タイトルは全滅です。FireFoxは大分ましですが、両ブラウザともに、RS_Baseのスライドショーが動作しないなど、完全に動作するのとは程遠い感じであります。ただ、FireFox は、オプション設定を、URLをタブではなく、新しいwindow で開くに設定すると、IEにかなり近くなる簡易ではありますので、なんとか....。

| | トラックバック (0)

2009年11月 2日 (月)

RS_Base 備忘録の整理

 RS_Baseにも備忘録を登録する機能がありますが定期的に整理しないと不要なものが残ってしまいます。RS_Baseですべての患者の備忘録を一括表示するには、患者画面の”備忘登録”ボタンの右横の”総表示”をクリックすれば一括表示され、削除も簡単にできます。また、備忘録の内容を検索することもできますので、たとえば、肺炎球菌ワクチン済み 等で検索可能です。
 検索する文字列も既定値を登録可能で、基本情報 →  ”注意、病名、備忘録のカラー表示文字列の指定” にて、指定しますが、ここで指定した文字列が備忘録などにある患者さんの患者画面を開いた場合は、指定されたカラーで目立つ形で表示されますので、使い方によっては便利です。

| | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日)

たくさんの電子カルテ

 http://rsbase.net/GY/link/ に電子カルテのリンクを追加しました。なにがメジャーなのかわからず、適当に追加です。それでも、25個程度の電子カルテとなりましたが、さて、各社どの程度普及しているのでしょう? 

 現在、診療所電子カルテのユーザートップ3は、ダイナミクス、メディコム、BMLの電子カルテで、2000-3000程度のユーザー数でしょうか。 ユーザー数が少ないところは、どのような特徴を持てばブレイクできるのか難しいところですが、ユーザーの要望は柔軟に対応するという部分がもっとも大切でしょうか。

 そういえば、来週(11/5)に、イージーカルテ http://www.globals.jp/medical/web2/index.html さんが、RS_Baseに対応したとのことで、お見えになりますが、Web同士でどのようになっていますでしょうか...。

| | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »