« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月30日 (木)

DAS28 & 喫煙問診 on ホームページ

RS_Base にて対応いたしましたDAS28ですが、RS_Baseのホームページ上でも動作するように変更してアップいたしました。現在リウマチを見られている先生方が、どのようにDAS28を計算されているかわかりませんが、少しでもお役に立てればと思います。

http://www.rsbase.net/RSB/

その他、喫煙の問診も javascript 版をアップしました。

Das28

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月29日 (水)

初めてのホームページ作り

 連休モードなので、昔話を。

 15年前、インターネットを始めた頃、htmlを少し勉強して、perlプログラムも少々かじって、自身のHPを作成しました。以後、リンク先を時に変更しながらも依然続いています。ただ、かなりの数のリンクが、リンク先にHPがないリンク切れになっておりますが、さすがにそれらを更新する元気はないのが現実です。このHPは、私とネットの始まりであり、とある事件の貴重な思い出のHPでありますので、これからも永遠に削除することなく続けて行きたいと思っております。ちなみに、RS_Baseの (検) という部分が、このHPのリンクになっていることを知っている人は、数人でしょうか。

Link

| | トラックバック (0)

2009年4月28日 (火)

血LIST (血液関連オプション設定)

 RS_Baseの血液検査のオプションはいろいろありますが、そのオプションのほとんどが、RS_Base画面の血LIST というリンク先にあります。血LISTは、採血患者リストを表示するので、そのようなリンク名になっていますが、その後、血液データの各種オプションリンクを追加していきました。しばらくは、この血LISTのオプション設定を簡単に書いていこうと思います。

本日は:○読込詳細設定○ に関して。
 この設定は、各種臨床検査センターから血液データを読み込むときに、その項目の順番を指定するものですが、現在、ほとんどのセンターに、RS_Baseの既定の順番でデータを出力していただいているので、特段設定は不要と思われますので、この設定を気にする必要は通常ありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月27日 (月)

アナログ保存とデジタル保存

 11年前、朝日新聞に載った記事を保管していたものを出してみましたが、結構黒ずんでいました。あ~、アナログの保存はだめだなぁ。と思った一方、15年前のアルバムにも入っていなかったむき出しの写真の方はきれいなままでした。長期保存を意識した素材かどうかが重要な様ですね。
 一方、デジタルはどうか。もちろん読み込みができれば、ほぼ100%元のデータとなりますが、CD-Rなどは、果たして15-20年たっても劣化せず読み込めるかどうかは疑問のあるところですので、重要なものは、定期的にメディアを更新してバックアップしなおした方がいいでしょうか(20年前に購入したLDはいまだすべて問題ないようです)。
【写真1】:2001年朝日新聞:RS_Baseの取材かと思ったら、当時限界を感じつつあった、ネット上の医療相談に関してでした。TFCの田坂先生の記事もあります。やや黒ずんでいたので画質調整しました(10年たっているので、転載許してくださいませ)。
【写真2】アメリカ人二人、ドイツ人2人、イタリア人1人、私の家族二人:1994年時の写真

Asahi Amerika

追記)朝日新聞といえば、小中学校の私の一年後輩の小尻さんが、朝日新聞社襲撃事件にて、毎年ニュースになります。そのたびに、私の実家のある川尻町が出ます。未だにニュースになり続けるのは、報道メディアにとっては、やはり大変な事件だったということですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月26日 (日)

今週のバージョンアップ内容

今週の対応
1) GEの心電図表示ソフトとの連携対応
2) フクダ電子心電図Viewerとの患者連携対応
3) ダイナミクスとの患者情報の主保険読み込み対応
4) ダイナミクスの要約の表書履歴を読み込まないように対応

先週の対応
5) GEエコーの cri 自動読み込み拡張子として登録
6) Web閲覧ソフト safari での表示系の改定(RS_Baseのスライドショーなどの、javascript はsafariでは動作しない模様)
7) 画像のCD用出力時、胸部写真あどは、過去画像も閲覧できるような形で出力されるようにしました。
8) 紹介用の ”データ総保存” 時、ApolloViewLiteがバッチファイルで立ち上がるように改定。

【画像】:古いTV。まったく関係ない話ですが、先日医師会に行きましたら化石のようなディスプレイが置いてありました。通常のコンポジット出力もないような..。ブラウン管にしては、奥行きがあまりないですが、こんなもんでしたっけ?

Tv

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月25日 (土)

メディカルインの現状

 メディカルインのパソコンも大分片付き、ソファーで沖繩の焼酎をのみながら、パソコンを触れるスペースが復活しました(写真中央、写真左は以前の状態)。 

話は全く変わって、毎週一回は、グルメツアーにでも行こうかと思い始めています。ネットで調べて安いフランス料理に行くと、名前入りのデザートが出てきました(写真右)。フランス料理を食べる空間としては、今一歩だったですが。

Medicalin_old Mddin France

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月24日 (金)

RS_Base とデジタイザー

 8年前のRS_Baseユーザーがたくさん購入したものに、フィルムを読み込むデジタイザーがあります。当時は最低でもRS_Baseにて数十台が使用されたと思いますが、現在はCRに移行しつつあり、新規にデジタイザーを購入されることもないだろうと思います。当院のデジタイザーはすでに、Medical-In に持っていっておりますが、デジタイザーがあったころの写真をアップします。デジタイザーの前には、当時のスキャンスナップですが、これも現在当院では画質のレベルから、コピー機にて文章はファイリングしております。

Uketuke2

| | トラックバック (0)

2009年4月23日 (木)

RS_Base 最大の javascript

RS_Base はそれなりに、javascript を使用していますが、一番使用しているのは視力入力パネルでしょうか。つくるのは機械的作業にしても、やはり大変でした。キーボード入力とパネル入力のどちらが速いのかはわかりませんが、”あったらいいな”と想像するのは、自然の流れでしょうか。結局は、キーボードが得意な方、パネル入力が得意な方に分かれるそうです。

Eye

| | トラックバック (0)

2009年4月22日 (水)

Internet Explore8 の画像の補間

 現在、RS_Baseで主流のIE6から、IE7へバージョンアップするメリットは、印刷で一画面におさまるように、ある程度IE7が調整してくれるものでしたが、XP上でのIE7が不安定で、現状ではIE6を使用しています。

 ところが先日、IE8が出ましたので、まず、自宅のVistaをIE8にしてみました。高速化したとのことでしたが、その部分はよくわかりませんでしたが、一番 ”ほ~” と思ったものは、画像内の文字の縮小表示時で、文字が補間表示され、つぶれずに表示されました。PowerPointなどは当たり前のごとくそうなっていましたが、パソコンのスピードが速くなったことで、IE8でも対応できたのでしょうか?

 診療所のXPをIE8にするのは少々怖いですが、RS_Baseを余り使用しない端末で、IE8にしてみようかと思ったりします。

画像は、同じ画像を IE7(左)、IE8(右)で縮小表示させたものです。違いがわかりますでしょうか。

Ie8

| | トラックバック (0)

2009年4月21日 (火)

RS_Base とカレンダー

 RS_Baseにはカレンダー関係のURLがたくさんありますが、一応、休日も判断するようにはなっておりますが、実際は、秋分の日が年によって変わったり、祭日が変わったりで、正確かどうかは定かではありません。

 本年は、秋のゴールデンウイークとも言える9月の4連休に昨年気づき、プログラムを書き換えましたが、休日をチェックするプログラムを共有していないため、10個以上のカレンダーの変更に迫られました。iPhone の様にはじめから、日本の休日は無視した仕様が楽かもです。

Calendar

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月20日 (月)

IE と Firefox

RS_Baseはインターネットエクスプローラー(IE)での表示、動作のみを確認しておりますが、最近のIEのシェアーは、70%前後に低下してきたとの事。個人的にはそのような感じはありませんが、そういえば先日当院に説明に来られたWeb版電子カルテは、IEではなくFirefox でのみ動作を保障しているとのこと。で、RS_BaseをFirefox で表示してみましたが、少々ボタン系の改行が異なったので、ver90420にて、表示が同じになるように改定しました。ただ、血液の項目名のクリックにてグラフは出ずソースがテキストで表示され、どうもFirefoxでのRS_Baseの使用は難しいようです(グラフセットや、チェックを入れてのグラフ化は可能な様です)。念のため、IEとFirefoxの画面をアップします(画像サイズが大きいですが)。見た目はほとんど同じです。(左側がIE)

Ie Fox_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月19日 (日)

紹介状の機能

紹介状関連機能の紹介

1)検査名 画像2列表示
2)検査日 紹介状入力画面
3)ID 画像3列強制表示(画像が2個でも3列表示)
4)患者カナ 患者検査歴表示
5)患者漢字 gazou のデータを追加ファイリング
6)年齢 ファイリングホルダー表示
7) 性別 診断名記入画面表示
8)診断1,2 その診断名での検索、抽出
9)診断3 画像が4個ある場合は画像4列表示
10)診断4 紹介状内容の画面半分表示(画像が奇数の場合に使用)
11) 分離 紹介状内容、画像を分離表示・印刷

【紹介状の表示画面の隠し?リンク】
1) 診療情報提供書  のタイトルをクリック
  紹介状のhtml ファイルと xml ファイルがあります。暗号化すれば  メールで紹介先に送ることもできるでしょうか。
2) 傷病名 あるいは 紹介目的 の部分をクリック
  紹介状が拡大表示され、内容チェックに利用(老眼対策用)
3) Created by RS_Base をクリック
  紹介状の横幅のサイズが、720,600,640,680 と変わっていきます。
4) Created by RS_Base の横の * ボタンクリック
  紹介状添付画像のスライドショー
5)紹介状の医師の写真をクリック
 写真表示が off となります。 (複数の写真を登録している場合は、写真が変わっていきます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月18日 (土)

ゴルゴ13

 とある患者さんが、ゴルゴ13なら、いくらでも読んで、いくらでも待てるんだけど、といわれるので、”当院そんなに待つことないけど”と思いながらも、私も好きなので、ゴルゴ13を昨日最新20巻ほど、買って来ました。その本屋さんは1巻から置いてあったので、次回は1-20巻まで買ってこようかと思います。今はほとんど無口なゴルゴ13も、最初の方の巻では、結構しゃべってたりしますから...。

Golgo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月17日 (金)

頻用する登録検査名

 検査を手動で登録する場合は、まずはそのPCで一番よくファイリングを行なう検査名を、基本情報、”検査項目選択でトップに表示する検査名”にて指定しておくと一手間省けます。また、登録検査名の選択は、、選択プルダウンメニューで選択するよりも、アナログ時計が表示されている検査項目テーブルにチェックを入れた方が速いでしょうか。そのためには、検査項目テーブルの並び順は重要です。この並び順を変更するには、そのテーブルのタイトル行2行目の"変更"をクリックした画面で順番が変更可能です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月16日 (木)

患者画面で血圧入力

血圧、身長、体重などの電子化データは、本来電子カルテに入力されるべきものですが、紙カルテ+RS_Baseの場合には、RS_Baseへ手入力する状況があろうかと思います。看護師が入力する場合は、院内入力画面を開いての入力になりますが、医師が入力する場合は、患者診察時に開いている患者画面での入力がスピーディーです。
 患者画面でそれらの入力を可能にするためには、まず、院内検査項目登録の画面にて、血圧、身長、体重などを登録後、検査歴画面院内入力の画面でそれら検査を指定すると、患者画面に入力カラムが出るようになります。
 また、血圧などの頻繁な検査が血液データ画面に表示されますと、血液閲覧の邪魔になりますので、【完全非表示検査】 に、血圧などの項目は指定しておく必要があり、血圧はグラフセットを組んで、それで見ることになります。

 尚、体重のグラフは変動が少なくグラフ化しても今一歩ですので、その場合は、グラフセットに”体重変化”というのを指定していただくと、体重の変化がわかりやすいグラフが表示されます。

【画像】血LIST 画面メニューは他からの山だ!!!

Tilist

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月15日 (水)

RS_Baseとダイナミクス

RS_Baseユーザーの6割強は、ダイナミクスユーザーらしい。一方、ダイナミクスのユーザーの4割強は、RS_Baseユーザーであるようです。ダイナミクスとRS_Baseの連携はいろありますが、ダイナミクスの、処方、注射、処置、検査、などの、診療行為からの患者抽出は、RS_Base患者画面の、【Dy検】。トップ画面でも、Dy検 というリンクがありますが、何処にあるか探せますでしょうか。 この検索画面では、文字列入力で、すべての診療内容から文字列一致を探してくれるので、場合によっては便利です。

Search_dy

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月14日 (火)

患選 (患者選択)

 RS_Baseにて、特定の患者データのみを抜き出したいという主旨で作られた機能ですが、現在はそれ以外に、いろいろな疾患群の患者さんのリストとして登録しておくために使用されているところもあるようです。登録群は、16種類可能になっています。登録された患者群の各画面では、血液表示 ボタンにて、それらの患者の血液データの一括表示、画像出力 ボタンにて、それららの患者データをクライアントに一括コピーされるので、往診時や症例検討、デモなどの使用することが多いようです。

 また、同画面の、”サマリーを一括出力”をクリックすると、それらの患者診療データが、患者ごとのhtmlファイルとして出力されるので、パソコン以外のweb閲覧機器にても、持ち出し閲覧が可能になります(ただ、データ漏洩には充分注意が必要)

【画像】 綺麗なお城ですね。

Himeji

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月13日 (月)

サーバーの各種ホルダー

 RS_Baseのデータはファイル群の固まりになっています。どこに何があるか理解する必要もありませんが、一部のホルダーぜひ知っておいていていただきたいものもあります。最近更新しておりませんが、RS_Base2行目の[File]をクリックしていただければ、RS_Baseのほとんどの構造がわりますので、RS_Baseに深入りしたい向きには、ご覧ください。

File

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月12日 (日)

顕微鏡の画像

 顕微鏡の画像を保存するように、カメラ付きの顕微鏡を購入されているところは少ないと思いますが、その様なものがなくても、接眼レンズにデジカメを押し付けて撮影すれば結構綺麗な写真がとれます(デジカメによっては難しいかもですが)。下記写真はデジカメの外部出力にディスプレイをつなげていますが、実際はデジカメの液晶で画像を確認して、念のため数枚撮影すれば充分です。

Microscop_3

| | トラックバック (0)

2009年4月11日 (土)

検査項目の背景色設定

 RS_Baseの検査項目の背景色は、濃いピンクでありますが、実は私の好みではありません。本来は薄めのパステルカラー調が好きです。そこで、既定値のままですと、すべての検査が同じ色になってしまうことでもありますし、基本情報 → 検査項目の背景色設定 にて重要な検査の背景色をご変更ください。尚、背景色の選択は、http://web-img.com/color/full.php、にて可能です。もともとの検査の背景が濃い目のピンクですので、重要な検査は、薄手の色を選択した方が目立ちますし、目にも優しい気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月10日 (金)

クリップボード内容をテキストとしてファイリング

 メールなどのテキスト情報のファイリングをすることがありますでしょうか? もちろん、テキストファイルとして保存してファイリングすれば済むことですが、それも少々手間なのでRS_Baseでは、基本情報 → クリップボードをテキストとしてファイリング で、所定の検査名を指定しておけば、その検査をRS_BaseにID,検査名、日付を指定して検査登録すれば、クリップボードのテキストファイルが保存され、一手間省けます。これで、看護師などからのメールでの報告をファイリングされている先生がおられるとの事。ただ、この種のものをファイリングするのは、RS_Baseに余計な負荷をかけていることにもなり、個人的にはファイリングしたくない内容ではあります。

【画像】 昨年いただいたチューリップの球根に花がさきました。とっても綺麗です。

Tyurippu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 9日 (木)

BOX受付に備忘録を表示する。

 何かと患者さんの重要フォローアップ事項でも、わからなくなってしまうことも多いですが、RS_Baseの備忘録をBOX受付に表示する機能として、基本情報、[BOX受付に備忘録を表示する] の設定にて、受付患者の下に備忘録が表示されます。尚、備忘録は、基本情報、[備忘録を2行にする] にて2行表示となりますので、どちらの備忘録を表示するかを指定することになります。

【画像】 白いイルカの紹介。さて、何処の水族館でしょう? 旅行の時の画像は、私あるいは子供のIDで、RS_Baseにファイリングしております。

Iruka

| | トラックバック (0)

2009年4月 8日 (水)

(C:/gazou)のスライド作成

本日は、あって、ないような機能です。医療系のソフトRS_Baseとは直接関係ありませんが、RS_Baseの基本情報の上部に、"(C:/gazou)のスライド作成 " というリンクがあります。これは、gazou ホルダーにjpg画像を複数置いた状態で、このリンクをクリックしますと、それらのjpg画像のスライドショーのhtmlファイルがgazou ホルダー内に作成されます。今回は、RS_Baseに関して最初に投稿した2000年1月の医療とコンピュータ (何年も前に廃刊になった雑誌です)の記事をスライドショーにしてみました。

http://rsbase.net/07/rsc/iryo-PC/4slide.html

 ちなみに、投稿した1999年頃は、レントゲンはデジカメで、血液データはグラフ化も出来ないRS_Baseでありました。使用PCは、K6-400Mhz、win98、メモリー128MBで、大き目のjpg画像はIE上で波を打ってスクロールしていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 7日 (火)

PDA 小端末用表示

患者画面のside_show の上部に表示されている、MB/携/X/Y/Z/携3/血/受/BC/Eth のリンク。以前、何をおもったかPDA表示用に作ったリンクです。診療所で必要なわけもなく、ほぼお蔵入りの機能です。このリンクの中で、”受”は本日の受付の表示で、PDAからは、http://サーバIP/~rsn/shokenall.cgi?console にアクセスして表示させることになります。昨年からiPhoneを使用しているので、iPhone に表示させてみようかと思いながら、未だにやってみた事が無いという作者でありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 6日 (月)

登録mode

 RS_Baseのデータベースは強固といいがたい部分がありますので、複数端末からのファイリングに完全無頓着というわけには行きません。フィルムのデジタイザーによる一括読み込み、過去カルテのスキャナーでの一括読み込みなど、時間のかかるファイリングを一つの端末でファイリングを行なう場合は、その間他のクライアントでもファイリングが発生するのが通常かと思われます。そのための安全策としては、一括複数ファイリングを行なう端末では、【登録mode】をクリックしてからファイリングすれば、データベースは一旦クライアントに保存され、最後にサーバーにアペンドされますのでかなり安全になります。また登録modeでは、その間にファイリングされた検査のみ表示されますので、何をファイリングしたかの確認も容易になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 5日 (日)

株価 と "豪ドル/ドル"の相関

本日は週末で、RS_Baseとは関係ない為替と株価のお話。

 為替レートといえば日本人は対円を中心に見ますが、実際に円と直接取引があるのはドルくらいで、たとえば豪ドル/円に関しては直接の取引があるわけではなく、ドル/円と豪ドル/ドルの二つの取引の複合結果が豪ドル/円ということになります。このあたりが、ドルが世界の基軸通貨といわれる所以であります。従いましして、投機、投資マネーとしての、株価と豪ドルを見るときに、豪ドル/ドル比 と 株価の変化をみると非常に面白いといえますでしょうか。さて、下記チャートは2008年7月からのチャートですが、左側が豪ドル/ドル、右側が日経平均ですが、酷似したチャートになっています。目下供に短期的には上昇トレンドですが、さて1月7日の直近高値を上抜けるか反落か微妙なところといえますでしょうか。

Kabu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 4日 (土)

ID関連づけ:検査全体

RS_Base のメーリングリストに一番よく出ているワードの一つに、ID関連づけ:検査全体があります。これは一体何をしているのかといいますと、
1) 登録検査のIDと患者情報を関連づける
2) 検査の連番をすべてつけ直す。
3) 検査ホルダーのホルダー名を、その時の基本情報のサーバーのPC名、共有ドライブ名に付けなおす
4) 日付のフォーマットが エクセルなどで 2009/4/3 などになっていても、RS_Baseのフォーマットである 2009/04/03 にそろえる。
の4点が主なものです。

このID関連づけ の動作は少し時間がかかりますので、他のクライアントでファイリングなどの書き込みを行なっていないときに行なうのが安全です。

【今日は当院の対岸の公園の夜桜撮影と出店】:暗いと桜は綺麗に撮れませんね。

Sakura_yoru Sakura_yoru2jpg

| | トラックバック (0)

2009年4月 3日 (金)

【Web表示患者データ】

本日は、RS_Baseの患者データのweb表示用のデータに関してです。RS_Base患者画面で、検査テーブルの(患者名ヨミ)の部分をクリックしますと、携帯電話で表示可能なサイズで、病名、サマリー、所見、処方、血液データ、RSB登録検査が表示されます。一方、[年齢][性別]部分をクリックすると、同様のデータが、パソコンで見るサイズで表示されます。表示された画面の上部の-- Html file open---をクリックすると、そのファイルがありますので、そのまま患者さんにお渡しすることも可能です。

  今日は画像がないので、2004年の台風で隣の瓦が私の車に入ってきたときの写真をば。

Carjpg_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月 2日 (木)

バーコード診察券

RS_Baseの患者画面で、【患者名】をクリックすると、バーコードの診察券が表示されます。下部の診療情報は、サーバーのpublic_html\set_file\bar.dat がhtmlになっていますので、それを直接変更していただく必要があります。そこでhtmlってなんだ?ということになります。htmlはwebを表示させるためのフォーマット指定みたいなものです。難しくはないですが、勉強するのは面倒でしょうねぇ。ということで、ご使用される場合は日本語の部分だけを見よう見まねでご変更いただくことになりますでしょうか(と言っても私はこれは利用しておりませんが)

Sinsatuken_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 1日 (水)

Second Server

RS_Base では、DICOM系は容量が大きくなるため整形外科などではDICOMの画像は異なるRS_Baseのサーバーとして保存し、クライアントからは二つのRS_Baseのサーバーの検査を同時に表示可能です。とある循環器専門の有床診療所では、心電図を年間万単位で行なうため、Third Server まだ立てているところがあります。サーバーが複数必要になり管理が煩雑になりますが、一方でRS_Baseの負荷が分散されれるというメリットもあります。ただ、DICOMでも内科など検査数の多くないところは、わざわざSecond Serverを設置しなくても良かろうと思われます。

Secondsv

【関係ない話ですが】

 毎年、当院の会員記念日あたりの5月中旬に焼肉パーティーを当院の屋上でやってます。8年前のその時の様子です。

Yakiniku

| | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »