« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月31日 (火)

【家族】診療歴

RS_Baseでは、同じ住所、同じ電話の方は、患者画面に家族のリストとして表示されますが、姓が異なりる場合は、伏せ文字として表示されます。さらに家族の受診状況を一覧したいときには、【家族】をクリックしていただければ、家族全員の所見、処方内容を確認することができます。以下、何にも書いていない所見、診療内容ですがいませんが、表示 サンプル。

Kazoku_2

| | トラックバック (0)

2009年3月30日 (月)

【病説】

 メーリングリストで【病説】の話が出ましたので、今回はこれをちょっと説明。病説は、項目を決めてその項目内に病気を登録して病気の内容を記載しておくものです。どのような使い方をしてもいいのですが、たとえば高頻度ではないが、まれではない疾患の診断、治療法などを覚書として記載しておく、などで使用可能でしょうか。余りにたくさんのデータがあると、使用しないデータが大半になり、返って使用しなくなる可能性があります。(下記画像は、たくさん登録した状況です)

Byousetu

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月29日 (日)

患者情報重複

RS_Baseでは、患者情報はname.csv というファイルとして持っています。この情報から、同姓同名の患者を抽出するのが、”一覧ボタン:患者重複” 機能です。これで同性同名の方は結構おられることがわかります。一方、生年月日まで同じですと、赤く表示されますので、これは同性同名ではなく、おそらく、同じ方を異なるIDで2度登録していること想像されます。

 尚、IDの重複のチェックやname.csv の昇降順が間違っていても正しくソートしてから保存します。

【今日は画像もないので、首里城の写真を】

Shuri

琉球王朝の王城で、沖縄県内最大規模の城(グスク)であった。戦前は正殿などが国宝であったが、1945年(昭和20年)の沖縄戦と戦後の琉球大学建設により完全に破壊され、わずかに城壁や建物の基礎などの一部が残っている。本格的な復元は1980年代末から行われ、1992年(平成4年)に、正殿などが旧来の遺構を埋め戻す形で復元された。2000年(平成12年)12月、『琉球王国のグスク及び関連遺産群』として世界遺産に登録されたが、登録は「首里城跡(しゅりじょうあと)」であり、復元された建物や城壁は世界遺産ではない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月28日 (土)

ベンチャー育成基金の表彰式

ベンチャー育成基金の表彰式がありましたので、写真をUpします。表彰後のツーショット。

Bentya

賞金の目録です。

Mokuroku

RS_Baseのネットブック+ディスプレイによる自動デモです。

Rsb_demo

実験用の超音波装置を作っておられるところがあり、静止画、動画で保存するソフトが付属しているようです。

Echo

| | トラックバック (0)

2009年3月27日 (金)

一覧 ボタンの機能:名字数、誕生月

  RS_Baseの一覧ボタンで、名字数を選択し、”一覧ボタン”をクリックしますと、名字の多い順、名前の多い順に患者名が表示されます。名字は地方性があるのでしょうね。また、名の方では、男女に重複した名前も結構ありますが、偶に電子カルテへの記載間違いをこれで見つけることもあります。
 RS_Baseの一覧ボタンで、誕生月を選択して、一覧ボタンをクリックしますと、患者さん生まれた日が月別に集計されます。なぜか、一月が多いようですが、何かあるのでしょうか?2-3から3月は寒いから?
 これらの機能は、バージョンアップする事がなくなって、暇に任せて作った機能でした。偶に見てみるのには面白いかも。

Birth

| | トラックバック (0)

2009年3月26日 (木)

RS_Baseでテキストファイルの暗号化

本日から、RS_Baseの ”一覧”ボタン内にある、小物を紹介。始めに、”暗号化”です。これは、gazou ホルダーに 拡張子が txt 、dat、csv のテキストファイルをおいていていただき、"一覧”ボタンの右横で、暗号化を選んで、一覧ボタンをクリックすると、ファイルが暗号化されます。そのファイルをRS_Baseユーザーにメールで送り、受け取った側は、そのファイルをgazouホルダーにおいて、暗号化、一覧ボタンをクリックすると復号化されます。ただ、この複合化はその日のうちでないと出来ませんので、暗号化ファイルのメールは朝のうちに送った方がいいでしょうか。暗号化されたテキストは下記の様な感じになります。

Ango

| | トラックバック (0)

2009年3月25日 (水)

診断名の分布

2009/3/22の CPUリンクの下に ”診断”というリンクがあります。これをクリックしますと登録されている検査のリストが表示され、それらの検査名をクリックすると次々に、それらの検査名に入力されている診断名の件数が表示されます。ただ、診断名の記入はRS_Baseでは、医師にもっとも努力を強いるところで、記入されていない先生の方が多いのかもしれませんが、余裕のある場合は、是非とも頑張って記入していただきたいところです。尚、RS_Baseは表示の横幅が長くない方がいいのですので診断名も短い名前に統一した方がいいでしょうか。

Sindan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月24日 (火)

患者年齢分布

RS_Baseでは、検査テーブルタイトルの PhED と Filing の間の "患者表示" というリンクをクリックした後、"集計のグラフ表示" をクリックすると、患者の年齢分布が表示されます。ただ、これは、すべての患者情報の年齢分布ですので、開業10年以上経った ところではあまり意味がありませんね。実際の本年の受診者の年齢分布が出るように変更しなければ....。

Age_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月23日 (月)

広島新市民球場

 本日も、RS_Baseとは関係ない休憩モード

昨日御昼に広島駅のホテルグランプリに食事に行きました。あいにくの霧でしたが新広島市民球状が見れましたので遠くから撮影しました(カープ頑張れ!!!)

Kyujo1 Kyujo2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月22日 (日)

CPU スピード

 昨日の画像のテーブルのタイトルに、CPU という項目があります。これはRS_Baseでよく使用している命令をいくつかループして作っているものです。当初は、P4 3GHz  で12 秒程度だったのですが、CPUが速くなってきて、5-6秒というスピードが出てしまい、現在【6Times】という6倍のループを用意しております。最近は、Quad Core などもあるので、これらを4画面同時に動作させても、ほぼ同じ時間で終了します。ただ、以前のまやかしDual CPU PentiumDは、一方のスレッドは遅い動作しかしませんでした。

  以下の結果は、現在ブログを書いているDELLのノートT2600  2.16Ghzの結果。10秒です。

Cpu_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月21日 (土)

Web2.0

 本日は週末で特段なことはないのですが最近流行のweb2.0。

 Web2.0って名前は最近かもしれませんが、プログラム的には以前からのjavascriptを今まで以上に使いこなしたって言う感じで、Google Mapにて有名になったという感じであります。Web画面は一度表示させたら画面をリロードしなければいけないと思っていただけに驚きでありました。URL表示はそのままに、バックグラウンドでデータのやり取りを行なうこともできるわけであります。

 RS_Baseでも最近は、所見表示時のワンタッチ表示やカレンダーはちょっとだけ動的な画面のような感じがしますが、まだまだであります。できれば、入力した内容を確定ボタンを押さなくても保存できるようになれば、通常のソフトの様な感じになるのですが。

Java

ちなみに、RS_BaseのHPでのデモ動画もフェードインする感じのスライドショーですが、これも簡単なことなのでありますが、HPを作り始めた頃は全くしらなかったことであります。

http://www.rsbase.net/RSB/DEMO/demo.html (スライドショー)

少しずつ新しいことをしようとすると、自分も少しずつ進歩する様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月20日 (金)

本日は休憩 (奈良へ)

本日は祭日の為、奈良に旅行に行ってまいりました。ということで、宿泊先の奈良ホテルの&薬師寺の写真でも。

Nara Yakusiji_2

鹿さんに、RS_Baseでなにかいいアイデアがないか聞いてきました。

Nara3_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月19日 (木)

日書庫

 みなさんは、勉強会の予定はどうされていますでしょうか。パンフレットをもらってもなくなってしまうここともしばしば。RS_Baseには、いただいた勉強会などのA4のパンフを簡単にファイリングする機能があります。その設定ですが、まずは基本情報の書庫画像ファイリングディレクトリー で、サーバーのpublic_html下のshoko をホルダー指定する必要があります。当院では、//Server/D/Users/rsn/public_html/shoko となっています。これで、RS_Base画面の一行目に[書庫日]のリンクが現れ、それをクリックするとカレンダーが表示されます。この状態で、gazouホルダーにパンフをスキャンしたjpg画像を置いておき、カレンダーの日付部分をクリックするとその日の予定として入り、その日になると、RS_Baseの画面に(画像ファイルがあります)と、予定があることを知らせてくれますので、見逃しが少ないと思われます。

037

| | トラックバック (0)

2009年3月18日 (水)

ホームページのデモ画像を変更

 広島ベンチャー育成資金の銀賞にご選考いただきましたので、その表彰式に製品を持ってきてもいいとのこと。RS_Baseの場合、製品という感じでもなく、人がついてデモをする場所でもないので、デモ画像のスライドショーを昨日作成しましたので、RS_BaseのHPでもそのデモスライドショーを”画面紹介”というリンクで追加し、今までのデモ画像へのリンクはすべて中止しました。デモ画像は40枚程度ですが、時間があるときに、綺麗なものに変更して行きたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月17日 (火)

NAOMIのデモ

3/14日に、福岡からデジトゲンこと、NAOMIのデモに来られました。当院はRegiusを導入済みなので、購入することへの興味はないのですが、どんなものなのか興味はありました。本ブログでは設置写真の紹介のみを。

【設置前の箱に入ったNAOMI】

Naomi1

【設置されたナオミ】7.5kgだそうです。

Naomi2

【どのように設置されたか後側からの写真】:ナオミを乗せる台を上にはめる感じ。設置は15分程度?

Naomi3

【NAOMIのViewerにて私の胸部を表示】:Viewer一式は、Dicom Workstationとしての薬事はないそうです。

Naomi4

以上、写真紹介でした。

で、どう感じたかは、個人的な意見になりますので、スキップ。

| | トラックバック (0)

2009年3月16日 (月)

自分ネタですみません

 昨日(3/15)は、父の49日法要で実家に帰ってまいりました。ひょんなことから、30年前の私の工学部時代の卒業論文を母が持っていることがわかりました。もちろん、ワープロのない時代でしたので手書きです。この論文をネットで検索しましたら、下記でした。ネットって、なんでも出てくるのですね。
http://ci.nii.ac.jp/naid/110003846690/
30年前の紙データはしっかり残っておりますが、これがCDなどに保存されていた場合、果たして閲覧可能かどうか.....。

ちなみに、論文は、レントゲンで物質の距離をはかり、液体窒素で超真腔を作り物質の表面積を一生懸命?測定してました。活性炭が 200平方メートル/g だったので、500平方メートル/g の物質を作って、その広い表面積に水素を比較的安定的にくっつけて、固定燃料電池をみたいなものをつくるという構想だったと思います。

 折角ですので、その論文1ページ目と、同時に見つけてきた私の高校時代の修学旅行の写真を一枚アップ(このころ体重は52kg程度だったと思います)。さて、修学旅行先はどこ?(この写真からはわからないですね)

Monmori_2 School

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月15日 (日)

他院訪問第一弾

 先日、岩国の先生のところにお邪魔してまいりました。右の写真はサーバー室の写真で、電子カルテのサーバーとDicomのサーバーとRS_Baseのサーバーなどが並んでいます。左の写真は診察室の写真。真ん中のディスプレイがDicomのリストでその右二つにディスプレイがdicom表示(フィリップ社製)です。一方のディスプレイに縱隔条件、他方のディスプレイに肺野条件の画像が連動して動いていました。一番左の24インチディスプレイがドクターソフトで、ORCLEで動作しており、患者画面の切り替えは1-2秒程度でさくさく動作しておりました。その右横の24インチがRS_Base用で、これは切り替えに3-5秒かかっていたように見えました。重要度の低い検査登録は、他のRS_Baseにまわす、あるいは一つの検査に追加登録するなどした方が、スピードや見易さの点でいいかもです。スキャンスナップで3箇所からファイリングをかけておられるようで、RS_Baseが音を上げるかもです。そういえば、血液表示のためもう一画面、それと、なんだか忘れましたがもう一画面追加の予定だそうで、全部で7ディスプレイになるのでしょうか?

Iwamoto2 Iwamoto1

| | トラックバック (0)

2009年3月14日 (土)

RS_Base 投稿写真

週末なので、なんでもないネタを。消化器内視鏡への投稿に使用する予定の紹介状と画面ショットの画像です。

Photo Display

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月13日 (金)

小画のクリック

 RS_Baseの検査名の横には小画(小画像)のアイコンがあるが、他のソフトではサムネールが表示されていることもあり、RS_Baseでもそれに対応している。私個人的には縦の長さを必要とするサムネール表示は好まないが、見栄えの点でサムネール表示が好まれる場合も多い様だ。サムネールを表示するには、小画のリンクをクリックすることにより、小さなサムネール、大きなサムネール、小さなアイコンと表示が切り替わる。初期値はアイコン表示となっている。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月12日 (木)

ランチャーの設定

 RS_Baseには、各種URLやプログラムファイルを起動させるリンクを表示させるランチャーなるものが用意されています。その設定は、基本情報 → ランチャー設定 で行ないます。リンクが単純にURLであれば、プログラムのあるディレクトリー の列にURLを入れて、リンク表示にそのタイトルを入れるだけです。もし、自身が作ったhtmlやPDFファイルであれば、サーバーのpublic_html下において、URLは、http://サーバーIP/~rsn/xxx.html などを指定すれば結構です。
 リンクがプログラムの場合は、最初カラムに起動するプログラムのあるディレクトリーを、2番目のカラムにプログラム名を、3番目のカラムに起動ファイルをフルパスで、4番目のカラムにリンク名を入力します。ただ、中にはランチャーから名動作しないプログラムもあるようなので要注意です。
 右の写真は、ランチャーのサンプル表示。最上部の○RSBから始まるリンクはまた、異なる機能です。左側の写真はランチャーの入力画面です。

Launch2 Launch

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月11日 (水)

トップ画面の説明画像

RS_Baseのトップ画面、あるいは患者画面に説明用の画像を表示することが可能です。方法は、RS_Baseの最上部、[画TP]をクリックしていたき、そこに適当な画像サイズの説明画像用jpg画像をコピーしていただき、その後RS_Baseの画面に表示用の小さなサムネイル画像を作るために、基本情報→【トップ説明画像のサムネイル作成】をクリックする必要があります。これで、トップ画面に戻りますと、画TP内の画像が表示されます。
 その説明画像の表示、非表示のオプションとしまして、RS_Base画面下部にメニューに、"小説明画"がありますので、そのクリックにて表示、非表示が切り替わります。非表示にしますと、画面には、---- 小画像表示 ---- のリンクが表示されますので、必要なときのみこのリンクをクリックして説明画像を表示させることが可能です。画面サイズが充分でない場合は非表示の方がいいでしょう。
 尚、基本情報→TOP画面説明画像をソフトで開く をyesにしますと、説明画像は描画ソフトで立ち上がり描画をしながらの説明が可能になります。私はyesで使用しております。

Top_gazou

| | トラックバック (0)

2009年3月10日 (火)

スナップ写真取り込み

 RS_Baseの患者画面にはスナップ写真が表示されます。スナップ写真の読み込みは、基本情報、スナップ写真取り込みホルダーで読み込みホルダーを指定しておきます。

 実際の読み込みは、時計のある検査項目テーブルのタイトル行にsnapという部分がありますので、それをクリックすれば前述で指定したホルダー内のjpg画像が表示され、どれをスナップ写真としてファイリングするか指定します。尚、スナップ写真を新たに読み込んでも、それまでのスナップ写真も保持されますので、患者画面のAllkeyと紹介状ボタンの間にある "個" をクリックするとそれまでのスナップ写真の一覧が表示されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 9日 (月)

検査別、月別、年別集計グラフ

RS_Baseには、検査の月別施行回数を集計表示可能です。方法はRS_Baseの下部メニューの”統計”をクリックすると集計が完了しますので、その画面で”結果表示”ボタンをクリックすれば、各検査別に血液テーブルの様なテーブルが表示されます。これをグラフ化するのも血液グラフと同様の方法です。尚、指定検査のみ集計したい場合は、統計 をクリックした画面で、統計検査項目指定 をクリックして検査名を指定しておけば、”選択検査結果表示”ボタンをクリックすれば、指定した検査の結果のみが表示されます。
 一方、各検査の年別集計は、トップ画面にて、検査項目テーブル(時計のある場所)の検査名にチェックを入れて、登録ボタンを押せば、年別集計が表示されます。RS_Baseを3年以上使用すると、使用してみたくなる機能かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 8日 (日)

レセ電勉強会の2次会

昨日、土曜日はレセプト電算化に関して長崎の本田先生をお招きしてご講演いただきました。先日産経新聞に載っていた、レセ電の延期の報道の結論は3月の末あたりの結論を待つことになりそうとの事。予想としては、微妙とのこと。どっちにも転びうるということか....。そういえば懇親会にて、RS_Baseから診療内容、病名を出力してレセチェックソフトにてチェック、という話が再度でました。薬、検査程度は可能かも? 採血などは各項目が句読点で区切られた形で持っているだけなので、これをコードに変換するのは困難か?(対象が一つのレセコンでないので、少々つらい)。現状、頑張るにはパワー不足。

で、その2次会での写真。暗いところでとったので、色合いもピンともズレ気味。一応、ブログに載せますよ~と宣言しましたので、肖像権に関しての苦情は出ないことを信じております。一枚目のタイトルは、【浮いている広島風お好み焼き】。2枚目のタイトルは、【鏡の中は誰?iphoneで写真】 です。写真がどなたかは、わかる人のみわかるということで..。(写真はRS_Baseメーリングリストで公開します)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 7日 (土)

基盤で感電?

基盤で感電?
 石油ファンヒーターの電気が入らなくなったので、電気屋さん(DEODEO)に修理に来てもらいました。すでに5年以上経っていたようで、保障対象外。一応 VIP会員ということで出張費は無料。どうも基盤がおかしいらしく、基盤も含めた定額修理代が9800円だそうです。私のところまで来て、石油ファンヒーターを持って帰って基盤を交換して再度持って来る値段が9800円。人件費も出そうにない。医療系なら10倍くらいのの値段にはなりそう。
 ところで、基盤を触っているときに電源が刺さっていたので、感電しないのですか?と聞きましたら、人の体がアースになるので、電気はきますよ。とのこと。ただ、100Vだと、ちょっとビリッと来る程度だそうです。先日3000V に感電したときは、目の前が真っ白になるだけではすまなかったそうです(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 6日 (金)

紹介先ランキング

RS_Baseのトップ画面の、検査リストテーブルの 紹介状をクリックすると、紹介状の一覧が表示されますが、その最下部に紹介先(というより診断のところに記載された病院名)の紹介状数が表示され、紹介先ランキングといえます。表示された病院名をクリックすれば、その紹介先のみのリストが表示されます。ただ、これは紹介状に限ったことではなく、他の検査でも診断名の記載ランキングを見ることができます。改めて、どこによく紹介しているか見てみるのも面白いものです。

番外)もうすぐ、ペナントレースが始まります。広島では新球場になりますが、元の市民球状の跡地利用計画は、はっきりしません。近隣のお店の方たちは、人が多く来るようなものにしてほしいとのこと。写真は、ちょうど原爆が投下されたあたりの相生橋と、その近くに見える広島市民球場のナイター用の照明です。

Kyujo

さて、以下は旅行先のビルから遠景で撮影した、とある球場です。どこだかわかりますでしょうか?

Kyujo2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 5日 (木)

RS_Base トップ画面の表示順

RS_Baseのトップ画面の検査表示順は、ID、検査、日付をキーとしたソートになっておりますが、検査が多いところでは、検査をした順に表示されないと、検査がどこにあるかわかりにくいのでしょうか?

RS_Baseは検査に時分秒のファクターを持っていない為、構造的に時間的なソートはできませんでしたが、本日プログラムを見まして、なんどかなりそうでした。先ほど、完了いたしましたが、しばし当院にて動作チェックといたします。当院の診察質以外は、昨年のバージョンなので、やっと、明日すべてのRS_Baseが最新バージョンになります(^^;

追記)

パソコンとは短命なものである。一方、私が20歳の時、ほぼ全財産で購入したクラシックギターは、30年経った今もなお現役である。娘もなぜかクラシックギター部に入って、すでに娘の方がうまいので、私は家でギターが弾けなくなりましたが、あるいみうれしいとも言えます。娘も高校を卒業したので、1週間くらいで、プログラムの基本でも教えようかと思っています。

Guitar

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 4日 (水)

RFシステムからの電話

昨日、RFシステムからデジトゲンの実際の画像を見てほしいのでデモをさせてもらえないだろうかという電話がありました。女性の丁寧な電話でありました。30分程度で、当院のレントゲンを使用し実際の画像を撮影し画像を確認してほしいとのこと。当院はCRなので、おそらく購入しないけれど、それでもいいでしょうか?とお話しましたら、それでもいいです。とのこと。
 長野からの電話で、デジトゲンは福岡から持ち込むとのことだったのですが、わざわざ福岡から、購入予定にない医療機関に来ていただいても申し訳ないのでお断りしました。非常に画質には興味があったのですが...。残念。
 そういえば、”当院はCR”なのですが。といいますと、電話のむこうでは ”CRってデジタルですよね?" と聞いてこられました。私がどう答えたかは内緒。電話の方は、機器自体にはお詳しいそうではなかったので、詳しい話をお聞きすることは出来ませんでした。

追記)最強PCと最弱PC

なにをもってして最弱PCというかは難しいですが、最弱PCの方はPentium4で、HDパスワード&ワイヤー固定されていますので、ある意味最強??

First_pc

| | トラックバック (0)

2009年3月 3日 (火)

備忘録の強調

RS_Baseに備忘録をただ書いておいても、そのうちに何かと目に付かなくなったりします。そこで、特に忘れてはいけないときは、基本情報→ ”注意、病名、備忘録のカラー表示文字列の指定” で文字列とカラーを指定しますと、患者画面で別行に以下の様に強調されて表示されます。患者画面にある備忘録の”総表示”画面にて、上述強調文字列がワンクリックで表示される様に、検索文字列リンクを追加しました。(ver90302)

Bibou

注)

指定した文字列によっては、抽出されない文字列の可能性がありますので、指定をしたら、患者画面で正しく抽出表示されるか御確認ください。正常に表示されないようですと、異なる文字列を使用してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 2日 (月)

「Perl.exe-ディスクがありません」

「Perl.exe-ディスクがありません」が Medical-In セットアップ中のPCで、幸い?出ました。 RS_Baseの基本情報の画面へのアクセスで出るというものでした。Eドライブの DVD ドライブを挿入してください、ということだったのですが、今回のPCでは、以下の方法ででなくなりましたが...。

1) 一旦、RS_Base 及び Apache を閉じる
2) デバイスマネージャーを開いて、当該 DVD ドライブを無効とする。
3) これで、Apache と RS_Base を立ち上げ、基本情報画面に入って、エラーが出ないことが確認できました。
3) 再度、デバイスマネージャーを開いて、当該 DVD ドライブを有効とする
4) この状態で、基本情報画面に入っても、エラーが出ないことを確認しました。

この方法で、「Perl.exe-ディスクがありません」の状況が、すべてのPCで改善するかどうかはわかりませんが、やってみる価値はありそうです。
ちなみに、いくらシステムのどこかにドライブへのアクセスのキャッシュが残っていても、OSからドライブを一旦消してしまえば、それにアクセスしようとはしないんではなかろうか。ドライブを消した状態で、エラー画面が正常に表示されれば、システムからドライブアクセスのキャッシュが消えるのではなかろうか、という期待からの、チャレンジ?でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月 1日 (日)

某所の環境

某所のPC環境ですが、現在、NotePCに27インチ1920*1200のディスプレイを使用しています。OSはVistaです。VistaのCドライブでRS_Baseを動作させていますが、Usersホルダーのセキュリティー設定をどう変更したかはすでに覚えておりません。24インチではなく、27インチなので、フォントサイズはOKです。写真は、iPhoneを充電中です。SATA外部RAID HDの箱がありますが、現状使用せずおいてありますが、そろそろPCにつないで使おうかなと...。キーボードはRealforece106Sです。

Jitaku_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »