« 予約検査 | トップページ | RS_Baseでの診療内容表示 »

2009年2月11日 (水)

広い表示画面

私が開業した11年前は、液晶ディスプレイは14-15インチが10万円以上。写真を表示しときの画質も充分とは言えず、jpgの表示しスクロールする場合も、webでは、CPUのパワー、あるいは、グラフィックカードのパワーが足りずに、複数枚の胸部写真を表示させた場合は、波打ってスクロールしていました。ネットワークも、やっと 100Base のHUB が買えるレベルの値段になったころですので、ギガビットなどは遠い先の話です。
 昔話はさておき、最近では液晶ディスプレイも安価になってきており、RS_Baseと電子カルテの連携時はもちろん、RS_Base単独でも、2画面、あるいは30インチのディスプレイを使った方が快適といえます。30インチと2画面のどちらがいいかですが、2画面ですと、一方が壊れても、診療が何とか継続できますが、デメリットは2画面の中央にディスプレイの縁が存在する。また、画面コピーのソフトや動画などは片面の方しか動作しない場合がある。一方、30インチのディスプレイは中央に邪魔な縁もなく、ソフトの動作も問題ありませんが、ディスプレイが壊れたときには、お手上げですので、何らかの代替を考えておく必要がありそうです。

Untitled2
追記)
画面左の加湿器ですが、当院は待合、診察室、処置室と3台の設置ですが、半日で一リットル(3台で3リットル)の水がなくなっていくのには驚いてしまいます。よって昼には水を追加することになります。

|

« 予約検査 | トップページ | RS_Baseでの診療内容表示 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200393/44006513

この記事へのトラックバック一覧です: 広い表示画面:

« 予約検査 | トップページ | RS_Baseでの診療内容表示 »